こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は昭和8年から昭和12年にかけて発行された10銭ニッケル貨の価値と買取価格について記載して行きたいと思います。

10銭ニッケル貨ではエラーコインやプルーフ試鋳貨(見本貨幣)が存在し、プルーフは価値が非常に高くなっております。

10銭ニッケル貨の詳細

10銭ニッケル貨

画像は昭和十一年銘の10銭ニッケル貨です。直径22mmで品位はニッケル1000、量目は4.02gとなっており各年号の発行枚数やカタログ価格は下記のようになっております。

年号 発行枚数
昭和8年 14,570,714枚
昭和9年 37,351,832枚
昭和10年 35,586,755枚
昭和11年 77,948,804枚
昭和12年 40,001,969枚
年号 完全未使用 極美品
昭和8年 3,000円 800円
昭和9年 1,500円 400円
昭和10年 1,500円 500円
昭和11年 1,500円 400円
昭和12年 2,000円 800円

(米国のカタログ価格については「昭和8年〜昭和12年の10銭硬貨」を参照)

通常の10銭ニッケル貨の買取価格

私が調べた10銭ニッケル貨の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)や買取相場は下記のようになっております。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
昭和11年 PCGS MS65(完全未使用) 3,780円 〜1,800円
昭和8年 完全未使用 3,480円 〜1,700円
昭和9年 完全未使用 1,800円 〜800円

ロール出しの完全未使用だとしてもカタログ価格前後が相場となっており、通常見つかる極美品並品の場合、業者による買取価格は1円から10円程度が相場となっています。

PCGSやNGCによる鑑定済み品

PCGSNGCによる鑑定済み品は通常より高く売ることができます。しかし、鑑定のための費用が数千円かかってしまうため、鑑定に出すと高く売却できたとしても、通常、手取りは減ってしまいます(完全未使用など状態が良かったとしても鑑定には出さずそのままの状態で売却した方がお得です)。

エラー10銭ニッケル貨の買取価格

エラー10銭ニッケル貨

ニッケル10銭貨幣のエラーコインとしては画像のようなヘゲエラーが発見されています。1円黄銅貨のような影打ちエラーは私が知る限り発見されていません。

また、50円玉のような穴ずれエラーも見たことがないので価値の高いエラーは現存しない可能性が高いです。ヘゲエラーはコレクターの間で人気が低く、画像のようなヘゲエラーの場合、買取価格は数百円程度が相場だと思われます。

プルーフ10銭ニッケル貨の買取価格

プルーフ10銭ニッケル貨

こちらの記事でも掲載していますが、10銭ニッケル貨幣では昭和8年銘にプルーフコイン(試鋳貨)が存在します(デザインのバリエーションが非常に多く、私が知る限り5種類程度のデザイン違いがあります)。

プルーフは全般的に価値が高くなっており、上記の表面に見本と書かれたコインは2017年に60万円ほどで取引されました。

このようなプルーフ10銭ニッケル貨が通常の家から見つかることは殆どないと思われますが、通常と輝きが異なる古銭が混ざっている場合、お宝古銭かもしれませんので、一度しっかり調べてみることをオススメします。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。