こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回はプレミアムの価値がついていることで知られている天皇陛下御在位60年記念貨幣61・62年銘金貨セットについて記載して行きたいと思います。

この記念貨貨幣セットは在位60年記念10万円金貨が2点セットになったものです。大蔵省造幣局からの販売数が少なかったため、プレミアムの価値が付いており、高額査定が期待できます。

天皇陛下御在位60年記念貨幣61・62年銘金貨セットの詳細

天皇陛下御在位60年記念貨幣61・62年銘金貨セット

画像は昭和61年と昭和62年銘の在位60年記念100000円金貨がセットになった記念貨貨幣セットです。詳細は下記の通りで、当時、大蔵省造幣局から233,500円で販売されました。

項目 詳細
販売数 3,296点
造幣局販売価格 233,500円
カタログ価格 700,000円
内容 在位60年記念金貨2点セット
年号銘 昭和61年・昭和62年
ケースに価値あり

通常、記念金貨などは金貨自体に価値がありますが、61・62年銘金貨セットでは下記のような大蔵省造幣局のケースや説明資料に価値があります。そのため、ケースや付属品の状態によって業者の買取価格(査定価格)が大きく異なる事が知られています。

61・62年銘金貨セット

天皇陛下御在位60年記念貨幣61・62年銘金貨セットの買取相場

下記は私が調べた天皇陛下御在位60年記念貨幣61・62年銘金貨セットの実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場の推移です。

時期 実勢価格 買取相場
2015年 〜280,000円 〜252,000円
2016年 〜360,000円 〜320,000円
2017年 〜380,000円 〜340,000円
2018年 〜350,000円 〜315,000円
2019年 〜350,000円 〜315,000円
2020年 〜370,000円 〜330,000円

元々、地金価格と比べるとプレミアムの価値が大きいため、金価格が上昇しても実勢価格や買取価格への影響は軽微である事が伺えます。

日本のカタログ価格(70万円)ほどの価値はありませんが、2016年以降は実勢価格30万円〜38万円程度が相場となっており保管状態や売却時期が良ければ30万円を超える高価買取が期待できます。今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。