こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は昭和34年から昭和41年にかけて発行された菊50円ニッケル硬貨の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

この硬貨では特年以外にも価値の高い穴ズレエラーコインが発見されており一部で高額査定が期待できます。

菊50円ニッケル貨幣の詳細

菊50円ニッケル貨幣

画像は昭和34年から昭和41年(1959年〜1966年)に発行された菊50円ニッケル貨幣です。詳細は下記のようになっており、発行枚数の少ない昭和35年銘の特年の価値が高くなっております。

項目 詳細
直径 25mm
孔径 6mm
品位 ニッケル1000
量目 5.00g
年号銘 発行枚数
昭和34年 23,900,000枚
昭和35年 6,000,000枚
昭和36年 16,000,000枚
昭和37年 50,300,000枚
昭和38年 55,000,000枚
昭和39年 69,200,000枚
昭和40年 189,300,000枚
昭和41年 171,500,000枚
年号銘 完全未使用 未使用 美品
昭和34年 5,000円 2,500円 300円
昭和35年 15,000円 10,000円 1,000円
昭和36年 6,000円 3,000円 600円
昭和37年 2,000円 1,000円 200円
昭和38年 2,000円 1,000円 150円
昭和39年 1,500円 800円 150円
昭和40年 800円 400円 100円
昭和41年 1,000円 500円 150円
菊50円ニッケル貨のデザイン

この硬貨より以前に発行されていた50円玉(菊穴ナシ50円ニッケル貨)は鳳凰100円銀貨とサイズや縁のデザイン(共にギザあり)が似ており、紛らわしいという問題があったため、菊50円ニッケル貨では縁のギザを除くと共に穴あきのデザインが採用されました。

また、デザインは菊穴ナシ50円ニッケル貨と同様に公募が行われ表面には小泉二三男氏、裏面には大熊喜英氏のものが採用されました。

菊50円ニッケル貨幣の買取価格・査定相場

下記は私が調べた菊50円ニッケル貨幣の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引される値段)と買取相場です。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
昭和38年 穴ズレ 未使用 259,000円 〜220,000円
昭和40年 穴ズレ 準未使用 251,000円 〜213,000円
昭和35年 NGC MS67 63,000円 〜50,000円
昭和35年 PCGS MS66 27,000円 〜19,000円
昭和35年 完全未使用 15,000円 〜10,000円
昭和36年 完全未使用 6000円 〜3,500円
昭和39年 極美品+ 250円 〜70円
昭和41年 極美品+ 200円 〜60円

特年以外(特に昭和37年銘以降)の通常銭の価値は乏しく極美品以下の場合、業者による買取価格は額面程度が相場となっております。

一方、NGCやPCGSによる最高グレード(MS67)が付けられた特年(昭和35年)コインについては価値が高くなっており、3〜5万円程度での買取(査定)も十分期待できます。

また、穴ズレなどのエラーコインについては「価値の高い穴ナシ・穴ずれ50円硬貨の買取相場」の記事でも紹介している通り価値が非常に高く「穴のズレ幅が大きい」「状態が良い」などの条件が揃ったものでは20万円を超える買取となる事もあります。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。