こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は価値の高い穴なし・穴ずれ50円硬貨の価値と買取相場について記載していきたいと思います。穴の空いた50円硬貨は「菊50円ニッケル貨」と現在利用されている「50円白銅貨」に大きく分類する事ができます。

穴なしや穴ずれは現在利用されている50円白銅貨で数多く存在し、額面の1万倍(50万円)を超える買取価格になることもあります。

菊50円ニッケル貨の価値

菊50円硬貨

菊50円ニッケル貨は昭和34年〜昭和41年にかけて発行されました(直径25mm、素材ニッケル、量目5.0g)。通常のもので価値が高いのは昭和35年銘(特年)で発行枚数が6,000,000枚となっており、下記のような値段で取引されています。

状態 取引価格 買取相場
未使用 3000〜6000円 1000〜4000円
完全未使用 6000〜15000円 4000〜10000円

その他の年号としては昭和34年と昭和35年の価値が高くなっていますが、昭和34年・昭和35年・昭和36年以外の年号については未使用完全未使用だとしても50円〜500円程度の買取価格となっています。

状態 取引価格 買取相場
未使用 1500〜3000円 500〜1500円
完全未使用 3000〜6000円 1500〜3500円

エラー菊50円ニッケル貨の価値

穴ずれ50円玉

菊50円硬貨でよく見かけるのが画像のような穴ずれエラーです。「ズレの大きさ(ズレ幅)」「年号銘」「状態」によって価値が異なり、画像は昭和38年で発行枚数が多い硬貨ですが「穴ずれが大きく」「状態が良い」ため価値が高く、2014年に約26万円で取引されました(最も価値が高いのは昭和35年銘で穴ズレが大きく、状態が完全未使用の硬貨)。

菊50円の穴ずれエラー菊50円硬貨の穴ずれエラーは価値が高い特年(昭和34年〜昭和36年)ではほとんど存在せず、昭和38年や昭和40年、昭和41年で現存数が多くなっています。ズレが小さいものでは「市場価格=数千円〜数万円」と価値が落ちますが通常貨幣と比べると高価買取が期待できます。

50円白銅貨の価値

50円玉

現在利用されている50円白銅貨です。直径21mm、素材(銅750/ニッケル250)、量目4.0gとなっており、先ほどの菊50円に比べると一回り小さな硬貨です。

エラーではなく、通常貨幣で価値が高いのは昭和62年と平成12年〜平成26年のもので完全未使用や未使用など状態が良いものだと額面価格を超える買取価格となります。

昭和62年の買取相場は?昭和62年の完全未使用50円硬貨は市場では2500〜5000円程度の金額で取引されています。そのため、業者による買取価格は「1000円〜2500円程度」が相場です。実際に私が2016年に完全未使用を買い取ってもらった時は査定価格1700円でした。

エラー50円白銅貨の価値

穴なし50円

画像は平成9年の穴なし50円硬貨です。状態は極美品〜準未使用程度となっていますが、穴ナシは価値が高く2017年に約61万円で取引されています。他の年号でも穴ナシは30万円を超える金額になることが多く、買取価格も高くなっています。

穴なし・穴ずれの価値穴ずれや穴なしの価値は一般的に「穴なし>穴ずれ特大>穴ずれ大>穴ずれ中>穴ずれ小」となっています。ズレ幅が大きいほど価値が高い傾向があります。

穴ずれ

こちらは昭和50年の穴ずれ50円玉です。状態は完全未使用、穴ずれも非常に大きくなっており、理想的な穴ずれ50円と言えます。このように状態がよく、穴ズレが大きいもの(特大)は価値が高く、市場では30万円を超える金額で取引される事もあり、20万円を超えるような買取価格となることが一般的です。

ただ、穴ズレについてはズレ幅によって価値が大きく異なります。下記は「状態=準未使用、穴ずれ中〜大」ですがズレ幅が中〜大になると市場価格は10万円を大幅に下回り、買取価格は数万円程度と安くなることが多いです。

穴ずれ硬貨

50円玉の価値まとめ

通常の50円硬貨については50円の価値しかありませんが、特年になると価値が高くなります。さらに価値が高いのはエラー硬貨で穴なしや穴ずれは状態が悪かったとしても額面価格の100倍以上の金額で買い取って貰うことができます。今回の記事が50円硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。