こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回はエラー5円黄銅貨の価値と買取相場について記載していきたいと思います。通常の5円玉は状態が良かったとしても実勢価格(市場で取引される値段)は5円〜100円程度が相場です。しかし、エラー銭になると価値が大幅に上昇し、100万円を超える買取になるものも存在します。

5円黄銅貨の価値

楷書体の5円玉 ゴシック体5円玉

5円玉は昭和24年から昭和33年に発行された楷書体と昭和34年から現在まで発行されているゴシック体のものに大きく分ける事ができます。

価値が高いのは楷書体で昭和27年の5円玉は状態が完全未使用ならば1万円を超える買取価格になる事があります。

直径22mm、量目3.75g、殆どのもので価値は5円ですが特年(昭和27年・昭和32年)以外でも状態が良いものは額面を超える買取となる事がありますので専門業者に査定(鑑定)してもらうことをお勧めします。

楷書体5円黄銅貨幣の詳細

楷書体5円黄銅貨幣のカタログ価格や発行枚数についてはこちらで掲載を行なっております。試鋳貨(見本貨幣)やエラーコインを加えると様々なバリエーションが存在し価値が非常に高いものもあります。

刻印ズレ5円黄銅貨の買取相場

刻印ズレ5円硬貨

5円黄銅貨のエラーで最も価値が高いのは刻印ズレエラーで画像のように打刻が大幅にズレたものが存在します。ズレが大きければ大きいほど価値があり、画像の品は市場にて90万円弱で取引されました。

さらにズレが大きく、希少な年号(昭和24年、昭和25年、昭和26年、昭和27年、昭和28年、昭和32年、昭和33年、昭和34年、昭和35年、昭和36年など)になると100万円を超える実勢価格となり、業者による買取の場合でも100万円を超えることもあります。

穴ズレ5円黄銅貨の買取相場

穴ずれエラー

穴ズレエラーは刻印ズレエラーに比べると価値が落ちますが画像のように穴ズレが大きい場合、実勢価格は10万円〜20万円程度、買取価格は7万円〜16万円程度が期待できます。ズレが小さい場合でも実勢価格は数万円となっており、通常貨に比べると少なくとも2000倍以上の価値があります。

5円玉には穴ナシは無い?50円玉では穴なしエラーが存在しますが、私が知る限りでは「穴なしエラーの5円玉」の存在は確認できていません。もし、偽物ではなく本物の穴なしエラーの5円玉が存在する場合、希少性が高いため100万円を超える買取になる可能性があります。

5円エラーコインまとめ

いかがだったでしょうか?今回紹介した以外にも5円玉では「傾打ち(角度ズレ)」「二度打ち」などのエラーが存在し、通常貨幣に比べ価値が高くなっています。

「傾打(角度ずれ)エラー」とは表面と裏面の角度がズレているもので菊穴ナシ50円1円玉などでもよく見られます。傾打は一見しただけでは判別しづらく、あなたの財布に入っている5円玉に傾打(角度ずれ)が混ざっているかもしれませんので探してみると良いでしょう!今回の記事が5円硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。