こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は明治6年から明治38年にかけて発行された竜50銭銀貨(龍五十銭硬貨)の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

竜50銭硬貨は低額貨幣という事もあり使用頻度が高く、未使用や完全未使用品は希少となっています。特に明治7年銘から明治13年銘については現存数が少なくなっており、高額査定が期待できます。

竜50銭銀貨の詳細

画像は明治6年2月10日の太政官布告第46号の改正に基づき発行された竜(龍)50銭銀貨です。これまでの50銭銀貨(旭日竜大型50銭銀貨旭日竜小型50銭銀貨)と同様に表面には竜図が描かれていますが裏面は旭日が額面「五十銭」に代わりました。

詳細は下記のようになっており「下切」「上切」「正年」「中年」「長年」などのバリエーションが知られています。

項目 詳細
直径 30.90mm
品位 銀800/銅200
量目(重さ) 13.48g
製造期間 明治6年2月10日〜
その他 「下切」「上切」「正年」「中年」「長年」のバリエーション有
年号銘 未使用 極美品
明治6年 6万円 2万円
明治6年(長年) 18万円 10万円
明治7年 400万円 250万円
明治9年(下切) 250万円 150万円
明治9年(上切) 250万円 150万円
明治10年(下切) 160万円 100万円
明治10年(上切) 150万円 90万円
明治13年 700万円 450万円
明治18年 18万円 5万円
明治30年(下切) 3万円 0.6万円
明治30年(上切) 20万円 15万円
明治31年(下切) 5万円 2万円
明治31年(上切) 2.3万円 0.5万円
明治32年 2.5万円 0.6万円
明治33年 5万円 0.8万円
明治34年 8万円 1.2万円
明治35年 12万円 3.5万円
明治36年 9万円 2万円
明治37年 2.5万円 0.6万円
明治38年(下切) 2.5万円 0.6万円
明治38年(上切) 4万円 1万円

下切と上切の違い・見分け方

下切と上切の違い・見分け方

上記は竜50銭銀貨の裏面のリボンの拡大画像です。下切では枝の下側が切られているのに対し、上切では枝の上側が切られています。

明治30年銘では価値の違いが大きくなっており、業者による買取価格も数倍の開きがある事で知られています。

正年・中年・長年の違い

正年・中年・長年の違い

上記は竜50銭銀貨の正年(普通)・中年・長年の画像です。通常のものは正年となっていますが、明治6年銘では長年が存在し、価値が高くなっています。

「中年」については明治6年銘以外でも存在が確認できていますが、市場価格は「正年」と大きな違いはありませんので売却時に特に意識する必要はないでしょう(日本のカタログ価格上も区別はされていません)。

竜50銭銀貨の買取価格・査定相場

明治7年竜50銭銀貨

下記は私が調べた竜50銭銀貨の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引される値段)と買取相場です(画像は下記に記載した明治13年銘と明治7年銘のプルーフコインです)。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
明治13年 NGC PF63 88,125USD(約925万円) 〜850万円
明治7年 NGC PF64 63,250USD(約665万円) 〜600万円
明治13年 NGC VF35 48,875USD(約515万円) 〜460万円
明治10年 上切 鑑定書付 極美品 40万円 〜34万円
明治18年 NGC MS64+ 19.6万円 〜16.5万円
明治6年 長年 PCGS MS63 12.2万円 〜9.5万円
明治30年 上切 準未使用 9.3万円 〜7.2万円

カタログにも掲載されていないプルーフコイン(NGCのPFやPCGSのPR)については現存数が数枚と少ないため、500万円を超えるような高額査定も期待できます。

また、プルーフ以外でも特年(価値の高い年号銘)や状態の良いものを中心に価値が高くなっており、10万円を超える買い取りになる事もあります。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。