こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は明治3年に発行された旧1円(一圓)銀貨の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

この硬貨では欠貝円と呼ばれる書体のタイプで価値が高くなっており、状態の良いものならば50万円前後での買取が期待できます。

明治3年旭日竜旧1円銀貨の詳細

明治3年旭日竜旧1円銀貨

画像は明治3年に発行された旭日竜旧1円銀貨です。この銀貨は主に貿易用に使用され、中には中国両替商による極印(荘印)が打たれている硬貨もありますが、通常、打たれていないものの方が価値が高いです。

加納夏雄がデザインした竜と旭日の図案は、この明治3年銘1年のみ見られ、収集家(コレクター)からの人気も高く保管状態の良いものを中心に高額査定が期待できます。

項目 詳細
直径 38.58mm
品位 銀900/銅100
量目(重さ) 26.96g
製造期間 明治3年11月27日〜5年3月13日
発行枚数 3,685,049枚
その他 有輪(普通円)・無輪(普通円)・正貝円・欠貝円

有輪(普通円)・無輪(普通円)・正貝円・欠貝円とは

普通円・正貝円・欠貝円

旧1円銀貨は圓の「員」の字の書体でタイプ分けが出来、価値が大きく異なる事で知られています(有輪・無輪の違いについては旧10円金貨の記事で紹介しているのでそちらをご覧ください)。

最も価値が高いのは「欠貝円」と呼ばれるタイプで日本のカタログ価格では「完全未使用=60万円」の値が付けられています。

詳細 完全未使用 未使用 極美品
普通円・有輪 15万円 12万円 8万円
普通円・無輪 18万円 14万円 10万円
正貝円 20万円 15万円 10万円
欠貝円 60万円 40万円 30万円

旧1円銀貨の買取価格・査定相場

下記は私が調べた旧1円銀貨の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引される値段)と買取相場です。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
PCGS MS65+ 無輪 227,000円 〜195,000円
PCGS MS65+ 有輪 208,500円 〜180,000円
鑑定書付 極美品 無輪 70,000円 〜56,000円
鑑定書付 極美品 有輪 46,000円 〜36,000円
古銭詳細 実勢価格 買取相場
PCGS MS64 218,000円 〜186,000円
極美品 101,000円 〜82,000円
古銭詳細 実勢価格 買取相場
PCGS MS64 551,000円 〜495,000円
鑑定書付 極美品− 150,000円 〜120,000円
鑑定書付 美品 100,000円 〜80,000円

人気の高い銀貨のため、業者による買取価格は高くなっており、カタログ上、最も価値が低い普通円だとしても状態が良いものならば20万円弱での買取(査定)が期待できます。

また、欠貝円については価値が非常に高くなっており、極美品や美品など状態の良くないものだとしても10万円前後での買取が期待できます。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。