こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は明治4年に発行された旧1円金貨の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

この金貨は今のアルミニウム1円貨とは比べ物にならないほど価値があります。書体や星の位置によって、前期、後期に分類でき、前期タイプは価値が高くなっております。

明治4年の旧1円金貨の詳細

明治4年の旧1円金貨

画像は明治4年(1871年)に発行された旧1円金貨です。明治4年5月10日公布の新貨条例に基づき鋳造、発行された硬貨となっており、詳細は下記の通りです。

項目 詳細
直径 13.51mm
品位 金900/銅100
量目(重さ) 1.67g
発行枚数 1,841,288枚
試作は龍図だった

旧一圓金貨は試作段階の明治3年銘は表が龍図でしたが、極印が不明瞭であったため、試作のみに終わり「一圓」の額面標記のみの図案に改められました(その後、明治4年銘として鋳造、明治5年に発行)。試作品(試鋳貨)は私が知る限り、市場に出回った事は無く、恐らく現存しないと思われます。

前期・後期の見分け方

明治4年の旧1円金貨(前期・後期)

明治4年の旧1円金貨では前期と後期で価値が大きく異なります。見分け方としては「一圓」の下にある星の位置が最も判りやすくなっており、前期では後期と比べエッジ(縁)に近い位置に星があります。

日本のカタログ価格は下記の通りで、前期の完全未使用については30万円を超えるカタログ価格が付けられています。

完全未使用 未使用 極美品
前期 37万円 26万円 18万円
後期 14万円 9万円 7万円

明治4年の旧1円金貨の買取価格・査定相場

下記は私が調べた明治4年の旧1円金貨の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場です。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
財務省放出 美品A(完全未使用) 400,000円 〜360,000円
PCGS MS63 256,000円 〜215,000円
財務省放出 美品B(極美品) 132,000円 〜105,000円
財務省放出金貨のグレード

財務省放出金貨のグレード(状態表記)はNGCPCGSと比べると不正確となっており、美品でも完全未使用や未使用などの状態の事が多いです。そのため、この記事では( )内に私が鑑定した正しいグレード(状態)を表記しています。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
PCGS MS64 118,000円 〜94,000円
財務省放出 美品A(未使用) 116,000円 〜92,000円
財務省放出 美品A(準未使用+) 90,000円 〜71,000円

後期の金貨は買取価格の上限が10万円程度となっておりますが、前期の物については全般的に価値が高くなっており、保管状態が良ければ数十万円での買取(査定)も期待できます。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。