こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は明治3年から明治4年にかけて発行された旭日竜大型50銭銀貨の価値と買取価格について記載して行きたいと思います。この硬貨では通常貨以外にプルーフが存在し、価値が非常に高くなっております。

旭日竜大型50銭銀貨の詳細

旭日竜大型50銭銀貨

画像は明治3年から明治4年にかけて発行された大日本旭日龍五十銭銀貨です。総発行枚数は1,806,293枚で直径31.5mm、品位は銀800/銅200、量目(重量)は12.5gとなっております。

日本のカタログ価格は下記のようになっており、明治4年前期が特年、古い古銭なので全体的に価値が高くなっています(米国のカタログ価格についてはこちらの記事で掲載しています)。

年号 完全未使用 極美品
明治3年 80,000円 15,000円
明治4年前期 150,000円 30,000円
明治4年後期 70,000円 13,000円

前期と後期の違い

前期と後期

50銭銀貨では明治4年の前期と後期で筆跡のデザインが異なる事が知られています。前期は上記左の画像のように跳本となっていますが、後期では上記右画像の止本となっており、現存数が少ない明治4年銘の跳本の価値が最も高いです。

年号 字のタイプ
明治3年 跳本
明治4年前期 跳本
明治4年後期 止本

旭日竜大型50銭銀貨の買取価格

私が調べた旭日竜大型50銭銀貨の実勢価格(業者が販売し市場で取引された値段)や買取価格は下記のようになっております。

古銭詳細 実勢価格 買取価格
明治3年 完全未使用 12万円 〜10万円
明治4年後期 未使用+ 8.5万円 〜6.8万円
明治4年前期 準未使用 10万円 〜8万円

実勢価格は日本のカタログ価格よりも若干高い傾向があり、完全未使用など、状態が良いものについては5万円を超える金額での買取も十分期待できます。

プルーフ旭日龍大型50銭銀貨の価値

プルーフ旭日龍大型50銭銀貨

画像は専門家やコレクターの間でもあまり知られていないプルーフ旭日竜大型50銭銀貨です。私が知る限り、ここ10年間で市場に流通したのは2017年の1回のみとなっており、当時、米国にて42,300USD(約450万円)で取引されています。

そのため、もし本物をお持ちでしたら300万円を超えるような買取も期待できる逸品です。明治4年の50銭銀貨は「旭日竜大型の前期・後期」「プルーフ」「旭日竜小型の小龍・大龍」の全5種類が存在し、それぞれ価値が異なりますので売却を検討中でしたら専門知識を持った買取店をご利用される事をお勧めします。