こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は10万円以上の買取価格が期待できる菊5銭白銅貨について記載していきたいと思います。菊5銭硬貨は明治22年〜明治30年にかけて発行された古銭で完全未使用など状態が良いものは買取価格が高くなっています。その中でも珍しいのが「影打ち(陰打ち)エラー」と「明治28年の完全未使用」で高額査定が期待できます。

菊5銭硬貨の価値

菊5銭硬貨

菊の花が描かれた菊五銭白銅貨です。直径20.6mm、素材(銅750/ニッケル250)、量目4.67g(米国カタログだと4.7g)となっており日本のカタログ価格は下記の通りです(米国のカタログ価格はこちらを参照)。

年号 完全未使用 未使用
明治22年 2.2万円 1.8万円
明治23年 2.2万円 1.8万円
明治24年 2.6万円 2.2万円
明治25年 2.5万円 2万円
明治26年 2.5万円 2万円
明治27年 2.6万円 2.2万円
明治28年 35万円 20万円
明治29年 5万円 4万円
明治30年 2.6万円 2.2万円

実勢価格(実際に市場で取引された値段)としては特年(明治28年)の日本貨幣商協同組合の鑑定書付き未使用が6.7万円、PCGS鑑定済み完全未使用が19.1万円で取引されています。

また、明治29年の完全未使用(PCGS鑑定済み)は2014年と2017年にそれぞれ、4万円と4.5万円で取引されており、買取相場をまとめると下記のようになります。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
明治28年 未使用 6.7万円 4〜5.5万円
明治28年 完全未使用 19.1万円 12〜15.5万円
明治29年 完全未使用 4〜4.5万円 2.5〜3.6万円

価値が高いエラー5銭硬貨

陰打ちエラー

画像は珍しい影打ち(陰打ち)エラー貨幣です。エラーには様々な種類がありますが菊5銭白銅貨で価値が高いのは影打ち(陰打ち)エラーで市場では10万円〜18万円の金額で取引されています。

影打ちとは影打ちエラー(陰打ちエラー)とは製造時に一度プレスした硬貨の上に別の硬貨が重なり、再度プレスされることで発生するエラーです。片面は正常ですが、もう片面に正常時と同じ模様が逆になって刻印されるもので、本来出っ張る場所が凹み、引っ込むべき場所が凸になります。

最も数が多いのは傾打(角度ズレ)エラーとなっており、表面と裏面の角度が異なるエラーですが価値はあまり高くありません。主なエラーをまとめると下記のようになり、影打ち(陰打ち)は希少です。

エラーの種類 実勢価格 買取相場
影打ち(陰打ち) 10〜18万円 7〜14.5万円
傾打(角度ズレ) 0.5〜1.5万円 0.2〜0.8万円

菊5銭白銅貨まとめ

菊5銭白銅貨では特年の完全未使用や影打ちエラーで価値が高くなっており10万円を超える金額での買取が期待できます。その他、通常貨幣の特年以外でも状態が良ければ1万円を超える買取になることもありますので専門家に査定(鑑定)してもらう事をお勧めします。