こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は明治一朱銀(川常一朱・貨幣司一朱銀)の価値と買取価格について記載していきたいと思います。

明治一朱銀(川常一朱・貨幣司一朱銀)の詳細

明治一朱銀(川常一朱)

画像は明治元年から明治2年にかけて鋳造された明治一朱銀(川常一朱や貨幣司一朱銀とも呼ばれる)です。品位は銀880/その他120となっており量目は1.88g、カタログ価格は下記の通りです。

極美品 美品 並品
10,000円 6,000円 3,500円
極美品 美品 並品
40USD(約4000円) 30USD(約3000円) 22.5USD(約2250円)
発行枚数と贋作

明治一朱銀(川常一朱・貨幣司一朱銀)の鋳造数は18,742,000枚となっており、現存数が多いため価値はあまり高くありません。

一般的に贋作(偽物)は価値が高いものであればあるほど精巧なものが作成される傾向があります。明治一朱銀も他の古銭と同様に偽物が存在しますが、贋作としての質は高くなく、通常は量目(重量)を計測すれば判別することができます。

明治一朱銀(川常一朱・貨幣司一朱銀)の買取価格

私が調べた明治一朱銀(川常一朱・貨幣司一朱銀)の実勢価格(業者が販売し市場で取引された値段)や買取相場は下記のようになっております(2016年から2019年にかけての実勢価格です)。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
川常人銀・縦短 Vs型 極美品 3.96万円 〜3.1万円
ス山ヒ銀・縦短 Ws型 極美品− 3.2万円 〜2.5万円
ス山X銀・斜長 Xw型 準未使用 0.3万円 〜0.15万円
ヘ山X銀・縦短 Ys型 未使用 0.3万円 〜0.15万円
川常く・縦短 Us型 未使用− 0.3万円 〜0.15万円
ス山短・へ短 St型 未使用 0.3万円 〜0.15万円
川常人・斜長 Vw型 未使用 0.3万円 〜0.15万円

明治一朱銀では他の古銀(嘉永一朱銀や安政一朱銀)と同様に珍しい書体のものが存在し一部(「川常人銀・縦短 Vs型」と「ス山ヒ銀・縦短 Ws型」)で価値が高くなっていますが、殆どのもので買取価格は高くても1500円程度が相場となっております。

ス山ヒ・縦短 Ws型とは

ス山ヒ・縦短 Ws型とは

画像はス山ヒ・縦短の明治一朱銀(川常一朱・貨幣司一朱銀)です。「一朱銀」の「銀」の字に大きな特徴があります。明治一朱銀では全部で36種類の書体が確認されていますが「川常人・縦短 Vs型」「ス山ヒ・縦短 Ws型」以外の価値は高くありません。

明治一朱銀(川常一朱・貨幣司一朱銀)まとめ

いかがだったでしょうか?明治一朱銀は古い硬貨ですが現存数が多いため、未使用や準未使用の状態だとしても通常品の買取価格はあまり高くありません。

珍しい「川常人・縦短 Vs型」「ス山ヒ・縦短 Ws型」についても価値(買取価格)は下落傾向となっておりますので、コレクションする予定がない場合は早めに換金した方がお得でしょう。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。