こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は秋田四匁六分銀判と共に文久3年(1863年)に鋳造された秋田九匁二分銀判の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

秋田九匁二分銀判は価値の高い古銭となっており、高額査定・高価買取が期待できます。

秋田九匁二分銀判の詳細

秋田九匁二分銀判

画像は文久3年(1863年)に秋田藩(久保田藩)によって鋳造された秋田九匁二分銀判(あきた くもんめ にぶ ぎんばん)です。

秋田藩は豊富な銀資源に恵まれ、慶長年間には銀小判が製造されていたという記述が残されています。また、当時、幕府の勢力が衰え質の悪い貨幣が乱発されるようになると高品位の秋田鋳造銀貨が一躍脚光を浴びるようになりました。

秋田四匁六分銀判と同様に良質な南鐐と呼ばれる上銀が使用され、カタログ価格も下記のように高額となっています。

項目 詳細
素材 銀・その他
寸法 約8cm×5.5cm
量目 34.5g
その他 秋田四匁六分銀判の2倍の量目がある銀判で当時、一両と引き換える事ができました(秋田四匁六分銀判は二分と引き換え)。
極美品(上) 美品(中) 並品(下)
180,000円 140,000円 100,000円

秋田九匁二分銀判の買取相場

下記は私が調べた秋田九匁二分銀判の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場です。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
鑑定書付 極美品 151,000円 〜128,000円
鑑定書付 極美品− 130,000円 〜104,000円
鑑定書付 美品+ 96,000円 〜76,000円

買取相場の根拠

実勢価格(業者が販売し実際に取引された値段)や買取相場は「国内オークション」「海外オークション」「オークファン」「知人の実店舗業者」「知人のネット販売業者」などの売買データを元に作成しています。

実勢価格は日本のカタログ価格よりも若干安い価格帯が相場となっており、極美品以上ならば10万円を超える買取(査定)も期待できます。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。