こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は秋田四匁六分銀判の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

秋田四匁六分銀判の詳細

秋田四匁六分銀判

画像は文久3年(1863年)に秋田藩(久保田藩)によって鋳造された秋田四匁六分銀判(あきた よんもんめ ろくぶ)です。

秋田四匁六分銀判は藩内通用限定の元、幕府の許可を得て鋳造された地方貨幣で、南鐐と呼ばれる上質の銀を用いた高品位銀貨としても知られています。

表面には「改」、裏面には「秋」の極印がが打刻されており、詳細は下記の通りです。

項目 詳細
素材 銀・その他
寸法 約6.3cm×3.8cm
量目 約17.2g
極美品(上) 美品(中) 並品(下)
90,000円 70,000円 45,000円

秋田四匁六分銀判の買取相場

下記は私が調べた秋田四匁六分銀判の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場です。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
逆打 鑑定書付 極美品 98,000円 〜78,000円
逆打 鑑定書付 美品 79,500円 〜62,000円
通常 鑑定書付 極美品 75,000円 〜58,000円
通常 鑑定書付 美品 56,000円 〜42,000円
秋田四匁六分銀判の逆打

「秋」の刻印が逆になっているもの(逆打)にはミスによるエラー品の他に、「完璧なものには魔が差す」という考えのもと、年始の打初め等で故意に不完全なものを製造した特別打ちがあると言われていおります。

逆打ちは数年に1度程度の頻度で市場に出回り、通常品と比べ高値で取引されます。

通常品はカタログ価格と比べると安価で取引される傾向があり、業者による買取価格(査定価格)は美品や並品の場合、5万円未満が相場となっています。

一方、逆打ちについては市場に出回ることが稀なため、価値が高く、美品以上ならば5万円を超える買取も期待できます。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。