こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は安政6年(1859年)に鋳造された安政二朱銀(貿易二朱)の価値と買取価格について記載して行きたいと思います。

この古銭は日米和親条約による安政6年の横浜港の開港に備えて、小判の海外流出防止の目的で鋳造されました。骨董としての価値は高く、買取価格は高額です。

安政二朱銀(貿易二朱)の詳細

安政二朱銀(貿易二朱)

画像は1859年に鋳造された安政二朱銀です。量目は13.62g、品位は銀845/その他155となっており鋳造枚数は88300両(706,400枚)とされています。

鋳造数、現存数が少ないため価値は高くなっており、カタログ価格は下記のように高額です。

極美品 美品 並品
33万円 20万円 15万円
極美品 美品 並品
1600USD(約16万円) 1200USD(約12万円) 800USD(約8万円)
安政二朱銀と贋作

安政二朱銀は価値が高い古銀ということもあり贋作(偽物)やレプリカが数多く出回っています。見てすぐ偽物と分かるものも多いですが判別が付きにくものもあります。

贋作の特徴として12g程度と量目が軽いことが多く、本物の量目(13.62g)と1g以上異なるような品は偽物の可能性が高いです。

安政二朱銀(貿易二朱)の買取価格

私が調べた安政二朱銀(貿易二朱)の実勢価格(業者が販売し市場で取引された値段)や買取相場は下記のようになっております(2016年から2019年にかけての実勢価格です)。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
準未使用(額縁様 鑑定書付) 19.4万円 〜16万円
準未使用−(鑑定書付) 18.8万円 〜15万円
極美品(鑑定書付) 15.4万円 〜12.3万円
美品 1006USD 〜8.2万円
並品+(鑑定書付) 9.5万円 〜7.6万円

日本のカタログ価格に比べると価値は低くなっていますが、美品並品だとしても5万円を超える金額での買取が期待できます。

ただ、価値(買取価格)については残念ながら下落傾向となっておりますので、コレクションする予定のない安政二朱銀(貿易二朱)を相続した場合は早めに売却した方がお得です。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。