こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は旭日20銭銀貨の価値と買取相場について記載していきたいと思います。特年(明治44年)の未使用以上で価値が高くなっており、高価買取が期待できます。

旭日20銭銀貨の価値

旭日20銭銀貨

明治39年〜明治44年にかけて発行された大日本 旭日20銭硬貨です。直径20.3mm、品位(銀800/銅200)、量目4.05g、日本のカタログ価格は下記のようになっております。

年号 完全未使用 未使用
明治39年 7万円 3.5万円
明治40年 2.4万円 1.6万円
明治41年 2.4万円 1.6万円
明治42年 2.4万円 1.6万円
明治43年 2.4万円 1.3万円
明治44年 38万円 25万円

価値が高いのは明治44年銘と明治39年銘で市場では下記のような金額で取引されています。明治44年の20銭銀貨については準未使用以下(準未使用・極美品・美品・並品)は出回る事が多いのですが未使用以上については市場に出てくる事が殆どなく、私自身、未使用以上の状態の硬貨は見た事がありません。

状態 取引価格 買取相場
準未使用 9万円 6〜7万円
極美品+ 8万円 5〜6.5万円
準未使用 7万円 4〜5.5万円
状態 取引価格 買取相場
完全未使用 3.5〜4万円 2.5〜3万円
未使用 1〜3.5万円 0.6〜2.5万円
準未使用 0.5〜1万円 0.3〜0.6万円

旭日20銭銀貨の買取価格まとめ

いかがだったでしょうか?特年(明治44年)以外の実勢価格(実際に市場で取引される値段)は日本のカタログ価格よりも低くなっており、平均するとカタログ価格の2.5〜5割程度が業者による買取価格の相場となっています。

明治44年銘については発行枚数が50万枚と少なくなっており、完全未使用の取引事例がわかりませんでしたが、完全未使用ならば20万円以上の金額での買取も十分期待できるでしょう!今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。