こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は高価買取が期待できるエラー50銭硬貨についてまとめて見て行きたいと思います。通常貨で価値が低い硬貨がエラー銭になると価値が一気に上がり業者による買取価格も高騰します。

昭和21年・昭和22年の鳳凰大型50銭貨のエラー

エラー銭

昭和21年〜昭和22年にかけて発行された鳳凰大型50銭黄銅貨です(片面打ちエラー)。通常はこちらのように表面・裏面に図案や額面が打刻されていますが、片面打ちエラーの場合、片面しか図案が打たれていません。

片面打ちはこれまでに数十点発見されており市場では5.5〜15万円程度の金額で取引されているため高価買取が期待できます。

なお、片面打ち以外に傾打ち(角度ズレ)エラーも存在します。角度ズレは下記のようになっており、価値が低い昭和21年の50銭だとしても角度のズレが大きいと1万円を超える買取になる事があります。

角度ズレ

昭和21年の傾打ち(角度ズレ)エラー

傾打ち(角度ズレ)エラー銭は画像のように180度近くのズレ幅があると価値が高くなります。私が知る限り2014年に180度の角度ズレのあるものが約2.9万円で取引されています。昭和21年銘は完全未使用だとしても数百円の価値しかないので角度ズレによって100倍近く、価値が上昇します。

竜50銭銀貨のエラー

影打ち竜50銭銀貨

明治6年〜明治38年にかけて発行された竜50銭銀貨の影打ち(陰打ち)エラーです。状態は準未使用程度、通常貨幣の場合、1万円以下で取引されることが殆んどですが、こちらの影打ち(陰打ち)エラーは約10万円で取引されており業者による買取価格も高くなってます。

影打ちとは影打ちエラー(陰打ちエラー)とは製造時に一度プレスした硬貨の上に別の硬貨が重なり、再度プレスされることで発生するエラーです。片面は正常ですが、もう片面に正常時と同じ模様が逆になって刻印されるもので、本来出っ張る場所が凹み、引っ込むべき場所が凸になります。

小型50銭銀貨の裏写りエラー

エラー硬貨

画像は昭和6年に発行された小型50銭銀貨(直径23.5mm、量目4.95g)の裏写りエラーです。通常貨の場合、昭和6年の小型50銭銀貨は価値が低く、完全未使用だとしても実勢価格(実際に市場で取引される値段)は2000円〜3000円程度となっていますが、こちらの裏写りエラーは2016年に5万円の金額で取引されました。

裏写りエラーとは裏写りエラーとは右側の画像のように反対面の模様が重なって刻印されているものです。「裏写りの美しっさ」「古銭の状態」「古銭の希少性(年号銘)」によって価値が異なります。

エラー50銭硬貨の価値まとめ

いかがだったでしょうか?エラーではありませんが50銭硬貨については特年で価値が高いものが多数存在し、100万円を超える買取価格になる事もあります。

また、傾打(角度ずれ)エラーについては一見しただけでは判別しづらく、コレクションや遺品に傾打(角度ずれ)が混ざっているかもしれませんので探してみる事をオススメします!今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。