こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は買取価格が高いエラー竜2銭銅貨について記載していきたいと思います。通常の2銭銅貨については状態が良い明治6年や明治7年以外の買取価格は高くありません。

しかし、エラーコインになると特年以外や状態が悪い古銭でも高価買取が期待できます。なお、エラーの説明については「影打ちエラーの関連記事」「ヘゲエラーの関連記事」「傾斜打ちエラーの関連記事」をご覧ください。

竜2銭銅貨のエラーコイン

影打ちエラー

明治14年の波ウロコの竜2銭銅貨です(竜面の影打ち)。状態は極美品程度なので通常貨の場合、買取価格は5,000円以下でしょう。しかし、画像のような影打ち(陰打ち)エラーの場合、価値が高く、状態が良ければ10万円を超えるような買取価格になることもあります。

詳細 実勢価格 買取相場
明治6年 竜面の影打ち 未使用 60万円 〜55万円
明治14年 竜面の影打ち 極美品 13.5万円 〜11万円
2銭面の影打ち 準未使用 9.8万円 〜8万円
2銭面の影打ち 並品 4万円 〜3万円
明治9年 ヘゲエラー 並品 1000円 〜500円
明治15年 傾打 並品 1000円 〜500円

買取価格が高いのは稀少性が高い特年(明治6年)の影打ちで実勢価格60万円で取引されたことがあります。

他の年号でも影打ちは人気が高く、高額査定・高額買取が期待できます。一方、「ヘゲエラー」「傾打(角度ズレ)」については状態が良ければ1万円前後での買取になることもありますが、エラー自体の価値は低くなっています。

影打ちエラーは2種類ある影打ちエラーは竜面と2銭面の2種類があります(2銭面の場合は年号が判りません)。市場で取引される価格は竜面の影打ちの方が高いことが多く、稀少な年号(明治6年や明治7年)の場合、買取価格が高くなっています

エラー竜2銭銅貨まとめ

いかがだったでしょうか?影打ちエラーは古銭に詳しく無い方でも一見しただけで変な古銭と気がつくでしょう!特年や状態が良い場合、価値が非常に高くなっているので複数の買取業者に査定(鑑定)してもらうことをオススメします。