こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回はリオ2016-東京2020オリンピック(パラリンピック)競技大会開催引継記念として発行された1000円銀貨幣の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。日本発の両面カラーの記念硬貨ということもあり人気が高く業者による買取価格は高くなっています。

東京2020オリンピック競技大会記念千円銀貨

東京2020オリンピック競技大会記念千円銀貨

こちらの2020オリンピック競技大会記念1000円銀貨はリオデジャネイロから東京への開催都市の引継を記念して発行されました。

販売価格は9500円で表面には「オリンピック旗と桜とイペー・アマレーロ」裏面には「東京2020オリンピック競技大会エンブレム」が描かれており、詳細は下記のようになっています。

造幣局販売価格 9,500円
販売数量 50,000枚
量目 31.1g
直径 40.0mm
販売方法 通信販売
日本初の両面カラーコイン

日本で初めて発行されたカラーコインは第5回アジア冬季競技大会青森千円銀貨です。その後、地方自治法施行60周年記念千円銀貨などで数多くのカラーコインが発売されました。しかし、2020東京オリンピック・パラリンピック記念銀貨以外は片面カラーとなっており両面カラーのコインは今回紹介するコインが初めてです。

実勢価格と買取相場

2020オリンピック競技大会記念1000円銀貨は東京オリンピックを記念した第一弾のプルーフ銀貨ということもあり人気が高く買取価格も高くなっています。

販売直後の2017年は実勢価格(業者が販売し市場で取引された値段)が4万円前後となっており3万円を超える買取になることもありました。

取引年 実勢価格 買取相場
2017年 〜38,000円 〜32,000円
2018年 〜30,000円 〜24,000円
2019年 〜27,000円 〜21,000円

最近は市場で取引される金額は落ちてきましたが、現在でも当時の販売価格(9500円)を大幅に超える金額で買い取ってもらうことができます。

東京2020パラリンピック競技大会記念千円銀貨

東京2020パラリンピック競技大会記念千円銀貨

東京2020パラリンピック競技大会記念千円銀貨は先ほどの、オリンピック記念銀貨と同様に平成28年に発行されました。

こちらは図案が若干異なり表面に「パラリンピック旗と桜とイぺー・アマレーロ 」裏面に「東京2020パラリンピック競技大会エンブレム」が描かれています。

造幣局販売価格 9,500円
販売数量 50,000枚
量目 31.1g
直径 40.0mm
販売方法 通信販売

実勢価格と買取相場

パラリンピック競技大会記念1000円銀貨はオリンピック1000円銀貨と販売価格や販売数量は同一でしたが市場で取引される金額は若干安く、現在の買取価格は14000円〜19000円程度が相場となっています。

取引年 実勢価格 買取相場
2017年 〜26,000円 〜20,000円
2018年 〜23,000円 〜17,000円
2019年 〜25,000円 〜19,000円

オリンピック・パラリンピック記念銀貨まとめ

いかがだったでしょうか?日本発の両面カラーコインで東京オリンピックを記念する初めての記念硬貨ということもあり、オリンピック銀貨・パラリンピック銀貨共に当時の販売価格(9500円)を超える金額での買取が期待できます。

ただ、市場での取引価格は下落傾向となっていますのでコレクションせずに売却する予定ならば早めに売却した方がお得です。今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。