こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は平成29年に発売された100円・50円白銅貨幣誕生50周年2017プルーフ貨幣セットの価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

100円や50円を記念した貨幣セットは今回紹介するもの以外に「100円貨幣誕生50周年2007プルーフ貨幣セット」などがあります。

100円・50円白銅貨幣誕生50周年2017プルーフ貨幣セット

100円・50円白銅貨幣誕生50周年2017プルーフ貨幣セット

画像は100円・50円白銅貨幣誕生50周年2017プルーフ貨幣セットです。昭和42年(1967年)に100円硬貨50円硬貨が白銅貨幣に改鋳されてから、2017年で50年の節目を迎えることを記念して発売されました。

内容は500円〜1円までの合計6種類のプルーフ貨幣と銀メダル(銀925/1000、銅75/1000)となっており、詳細は下記の通りです。

造幣局販売価格 13,371円
販売数量 14,000セット
カタログ価格 25,000円
内容 プルーフ貨幣と銀メダル
額面 666円
銀メダル表面 50円貨幣の「昭和42年」銘と100円貨幣の「平成29年」銘をイメージしたデザイン
銀メダル裏面 50円貨幣の「菊」と100円貨幣の「桜」をイメージしたデザイン

プルーフ貨幣セットの買取価格・査定相場

下記は私が調べた「100円・50円白銅貨幣誕生50周年2017プルーフ貨幣セット」の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取価格の推移です。

取引年 実勢価格 買取相場
2018年 〜12,000円 〜8,000円
2019年 〜13,000円 〜9,000円
2020年 〜9,000円 〜6,000円
2021年 〜7,000円 〜4,500円

買取相場の根拠

実勢価格(業者が販売し実際に取引された値段)や買取相場は「国内オークション」「海外オークション」「オークファン」「知人の実店舗業者」「知人のネット販売業者」などの売買データを元に作成しています。

同じく平成29年に発売された「大政奉還150周年2017プルーフ貨幣セット」と比べると価値は低くなっており、2018年時点でも実勢価格は造幣局販売価格以下が相場でした。

近年の実勢価格は4,000円〜7,000円程度となっており、保管状態や売却時期が良ければ五千円弱での査定も期待できます。今回の記事が貨幣セットの売却や換金の参考になりましたら幸いです。