こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は映画『男はつらいよ』公開50周年記念2019プルーフ貨幣セットの価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

映画『男はつらいよ』公開50周年記念2019プルーフ貨幣セット

映画『男はつらいよ』公開50周年記念2019プルーフ貨幣セット

画像は造幣局から2019年10月2日に発売された映画『男はつらいよ』公開50周年記念2019プルーフ貨幣セットです。

1969年(昭和44年)に「男はつらいよ」が劇場公開されてから2019年で50年の節目を迎えることを記念して販売されました。

セット内容は令和元年銘の5百円から1円までの6種類のプルーフ貨幣と銀メダルとなっており、銀メダルの表面には「帰ってきた寅さん」裏面には「寅さんを迎える”さくら”と映画『男はつらいよ』公開50周年記念ロゴマーク」がレリーフ(浮き彫り)で表現されています。

その他詳細は下記の通りで、当時の造幣局販売価格は他のプルーフ貨幣セットと同様に1.4万円弱と高額でした。

造幣局販売価格 13,619円
販売数量 15,000セット
内容 プルーフ貨幣と銀メダル
額面 666円

プルーフ貨幣セットの買取価格・査定相場

下記は私が調べた映画『男はつらいよ』公開50周年記念2019プルーフ貨幣セットの実勢価格と買取価格の推移です。

実勢価格・買取価格とは

実勢価格とは業者が古物市場で販売し、実際に市場で取引された値段のことです。買取業者は実勢価格を元に査定を行い、買取価格を決めます。

取引年 実勢価格 買取相場
2019年 〜20,500円 〜15,000円
2020年 〜21,000円 〜15,500円
2021年 〜21,500円 〜16,000円

通常のプルーフ貨幣セットは「東京タワー開業60周年2018プルーフ貨幣セット」のように発売当初の価値が最も高く、年々価値が減少していくことが一般的ですが「映画『男はつらいよ』公開50周年記念2019プルーフ貨幣セット」については発売当初の価値を維持しており、業者による買取価格も今のところ下落しておりません。

男はつらいよプルーフ貨幣セットまとめ

いかがだったでしょうか?今後の価格推移については、どのようになるかは不明ですが、現在でも保管状態や売却時期が良ければ当時の造幣局販売価格よりも高値での査定が期待できます。今回の記事がプルーフ貨幣セットの売却や換金の参考になりましたら幸いです。