こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。本日は希少な明治の旧円金貨の価値や業者による買取価格について記載していきたいと思います。旧円金貨は新円金貨に比べると希少性が高く市場価格、買い取り価格は高額です。特に旧20円金貨(明治3年〜明治25年)については100万円を超える金額で買い取りされています。

査定(左)

今回は旧1円金貨〜旧5円金貨について記載します。他の明治の金貨につきましてはこちらをご覧ください→『10円金貨と20円金貨

明治の旧1円金貨の価値

明治金貨
明治の旧1円(一圓)金貨です。Y#9(直径13.5mm 明治4年発行)とY#9a(直径12mm 明治7年以降発行)の2タイプがあり、重量は共に1.67g、金の品位は0.900となっております。発行枚数は明治4年が1,841,288枚と多いですが現存数が少なく希少なため買い取り価格は高額です。市場価格やカタログ価格は下記のようになっております。

取引日 古銭詳細 カタログ価格 取引価格
2009年 明治4年(Y#9) NGC MS61(未使用) 未使用=約15万円 13万円
2015年 明治4年(Y#9) PCGS MS65(完全未使用) 未使用=約15万円 10.2万円
2012年 明治4年(Y#9) 財務省放出 美品 美品=約6.5万円 15万円
2015年 明治4年(Y#9) 極美品 極美品=約8万円 12万円

カタログ上、明治4年についてはドットの位置によって2タイプに分類されます。また、Y#9aのタイプは明治7年、明治9年、明治10年、明治13年、明治25年に発行がありますが現存数が少なく市場に出てくることはほとんどありません(特に明治9年以降は希少です)。

財務省放出金貨については、国際的な鑑定のグレードに比べるとグレード基準が厳しいため美品でも未使用クラス(MS60)のものが多いです。買い取り価格は極美品で6〜10万円程度だと思います。

明治の旧2円金貨の価値

20円金貨

明治に唯一発行された旧2円(二圓)金貨です。重量は3.33g、Y#10(直径17.5mm)とY#10a(直径16.97mm)があり、明治3年の最も一般的な2円金貨の発行枚数は883,293枚となっています。Y#10の明治3年のタイプ以外にもY#10aの明治9年、明治10年、明治13年、明治25年のタイプがありますがY#10aは全て合わせても発行枚数が僅か300枚強ですので市場に出ることは殆どありません。

明治3年のタイプで市場価格が10万円〜20万円程度ですので買い取り価格は7万円〜13万円程度でしょう!財務省放出金貨やNGC・PCGS鑑定済みで状態が良い場合、高値になる傾向があります。

明治の旧5円金貨の価値

5円金貨

明治3年〜明治30年にかけて発行された5円金貨です。こちらもY#11(直径23.84mm)とY#11a(直径21.82mm)の2タイプがあります。重量は共に8.33g、金の品位は0.900です。

年号によって価値が異なりますが最も多く取引されている明治3年〜明治9年のタイプは市場価格が10万円〜25万円、買取価格が7万円〜15万円程度となっております。