こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は昭和19年(1944年)に発行された大日本10銭硬貨の価値と相場について記載していきたいと思います。

昭和19年10銭錫貨の価値

昭和19年10銭硬貨

昭和19年(1944年)に発行された十銭(穴銭)です。Y#64で重量は2.4g、直径19mm、素材は錫となっており、発行枚数、カタログ価格は下記の通りです。

発行枚数 極美品 未使用
 450,000,000枚 50円 125円

第二次世界大戦の最中に発行された古銭ですが発行枚数が多く、質も低いため骨董品としての希少性はありません。そのため、実勢価格(実際に市場で取引される価格)はカタログ価格同等レベルとなっております。

ジャワ10銭錫貨

ジャワ10銭錫貨ジャワ10銭錫貨

皇紀2603年(昭和18年)と皇紀2604年(昭和19年)に軍用貨幣として発行されたジャワ10銭錫貨です。この古銭は第二次世界大戦中、ジャワ島など日本軍政下東インドにて流通させるため、大阪造幣局にて製造されました。

Y#66で直径約23mmで重量は3.5gとなっており、発行枚数、カタログ価格は下記の通りとなっております。

古銭詳細  発行枚数  極美品  未使用
 昭和18年(皇紀2603年)  69,490,000枚  35000円  45000円
 昭和19年(皇紀2604年)  110,510,000枚  30000円  45000円

発行枚数は多いのですが現存数が少ないため、先ほどの昭和19年穴銭に比べると価値が高く、実際の取引相場も高額です。

業者所在 古銭詳細 取引価格
神奈川県  昭和19年 極美品 28000円
静岡県  昭和19年 極美品 24000円
米国  昭和19年 NGC MS63(未使用) 約58000円
東京都  昭和18年 準未使用 38000円
大阪府  昭和18年 準未使用 35000円

エラー古銭と試鋳貨の価値

エラー銭

その他、価値のあるものとして穴銭の「穴ナシ」や「穴ずれ」があります。上記は一般的には価値がない昭和19年の穴銭(10銭)ですがこのような穴無しエラー銭になると価値が上がり市場にて3万円程度の金額で取引されることがあります。

見本貨幣

また、例外の例外のような古銭ですがジャワ10銭錫貨には銀でできた試鋳貨(見本貨幣)が存在します(専門家でも知らない方が多いです)。この試鋳貨は価値が高く状態が良ければ1枚100万円程度〜の金額で取引されております。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。