こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は東京2020オリンピック競技大会記念千円銀貨(第三次発行分)の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

第2次オリンピック1000円銀貨では年号銘が平成31年でしたがこの銀貨からは年号銘が令和元年となっております。

第三次発行分オリンピック1000円銀貨の詳細

第三次発行分オリンピック1000円銀貨

画像は令和元年11月1日~11月21日に申込受付が行われた第三次発行分オリンピック1000円銀貨です。

図柄は表面が「体操・柔道・卓球」の3種類があり、裏面は全て「東京2020オリンピック競技大会エンブレムとソメイヨシノとイチョウの葉」、詳細は下記の通りです。

造幣局販売価格 9,676円(増税により値上)
販売数量 各100,000枚
量目 31.1g
直径 40mm
品位 純銀
エッジ 斜めギザ

第三次発行分オリンピック1000円銀貨の買取相場

第三次発行分オリンピック千円銀貨は第一次発行分千円銀貨第二次発行千円銀貨と同様に近年発行された硬貨なので骨董(アンティーク)としての価値はありません。

取引時期 実勢価格 買取相場
2020年3月 〜14,500円 〜10,500円

造幣局からの商品発送が令和2年3月頃からと言うこともあり、まだ、十分なデータがありませんが、私が調べたところ上記のような実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)、買取相場で取引されております。

そのため、保管状態や売却時期が良ければプレミアム価格(造幣局販売価格よりも高い金額)で査定してもらえる可能性があります。今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。