こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は第二次東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念1000円銀貨の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

第二次オリンピック1000円銀貨は第一次の翌年に発行されました。オリンピック・パラリンピックを合わせると全4種の図柄が存在します。

第2次オリンピック1000円銀貨の買取相場

第2次東京2020オリンピック100円硬貨

画像は2019年1月31日から申込受付が行われた第二次発行分のオリンピック千円銀貨です。図柄は「陸上競技」「バドミントン」「野球・ソフトボール」となっており、各銀貨の詳細は下記の通りです。

造幣局販売価格 9,500円
販売数量 各100,000枚
量目 31.1g
直径 40mm
品位 純銀

近年発行された記念硬貨なので骨董(アンティーク)としての価値はありませんが、市場では下記のような実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)で取引されており保管状態や売却時期が良ければ造幣局販売価格を超える買取も期待できます(2019年の実勢価格を調査)。

詳細 実勢価格 買取相場
3点セット 〜40,000円 〜34,000円
単品 〜13,500円 〜10,500円

第2次パラリンピック1000円銀貨の詳細

第2次パラリンピック1000円銀貨

画像はオリンピック1000円銀貨と同様に2019年1月31日から申込受付が行われた第二次パラリンピック千円銀貨です。図柄はオリンピック千円銀貨と異なり画像の1種類(水泳)のみとなっており、詳細は下記の通りです。

造幣局販売価格 9,500円
販売数量 100,000枚
量目 31.1g
直径 40mm
品位 純銀

第2次パラリンピック1000円銀貨幣の買取相場

実勢価格 買取相場
〜12,500円 〜9,500円

私が調べた2019年のパラリンピック1000円銀貨の実勢価格や買取相場は上記のようになっております。

第2次オリンピック1000円銀貨に比べると若干ですが実勢価格が低く、業者による買取価格も少しだけ安い金額が相場です。今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。