こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は平成31年に発行されたラグビーワールドカップ2019日本大会記念10000円金貨の価値と買取相場について記載していきたいと思います。

ラグビーワールドカップ™は、4年に1度行われる15人制ラグビーの世界王者決定戦です。2019年大会はアジア初の開催となっており、優勝チームには優勝トロフィー(ウェブ・エリス・カップ)が授与されました。

ラグビーワールドカップ2019記念一万円金貨

ラグビーワールドカップ2019記念一万円金貨

画像は平成31年に発行されたラグビーワールドカップ2019記念一万円金貨です。表面には「ウェブ・エリス・カップとラグビーボール」裏面には「トーナメントマークと桜花」が描かれており、詳細は下記の通りです。

素材
品位 純金
発行枚数 10,000枚
発行年 平成31年
量目 15.6g
直径 26mm
販売方法 通信販売
販売価格 12万円

コレクターが調べた実勢価格と買取相場

ラグビーワールドカップ2019日本大会記念一万円金貨幣は発行枚数が1万枚と少なかった事もあり、市場では当時の販売価格よりも高値での取引が散見されます。

取引時期 実勢価格 買取相場
2019年6月 150,000円 〜135,000円
2019年7月 150,000円 〜135,000円
2019年8月 165,000円 〜148,000円
2019年12月 185,000円 〜165,000円
2020年1月 185,000円 〜165,000円
2020年2月 190,000円 〜170,000円

2019年中旬から2020年にかけての実勢価格(中古品市場で業者が販売し実際に取引された値段)は15万〜19万円前後が相場となっており、業者による買取価格は当時の販売価格(12万円)越えが期待できます。

ラグビーワールドカップ1万円金貨まとめ

いかがだったでしょうか?これまでに発行された記念硬貨は発売直後の価値(実勢価格)が最も高く、年々価値が下落する事が一般的となっています。

そのため、これまでの経験則通りならばラグビー1万円金貨についても数年単位のトレンドとしては、価値(実勢価格)が落ちていく可能性が高いと言えます。

しかし、歴代の記念コイン(例えば在位60年10万円金貨は1100万枚)と比べると発行枚数が1万枚と極端に少ないため、個人的にはプレミアムの価値(造幣局販売価格以上の価値)を維持すると思っています。今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。