こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回はラグビーワールドカップ2019日本大会1000円銀貨の価値と買取相場について記載していきたいと思います。

この銀貨はラグビーワールドカップ2019™日本大会記念一万円金貨幣と共に2019年に発行されました。発行枚数が少ない記念コインとなっており、稀少性が高いです。

ラグビーワールドカップ2019記念千円銀貨

ラグビーワールドカップ2019記念千円銀貨

画像はラグビーワールドカップ2019記念千円プルーフカラー銀貨です。表面には「競技選手とゴールポスト」裏面には「トーナメントマークとラグビーボールと開催都市名」が描かれており、詳細は下記の通りです。

素材
品位 純銀
発行枚数 50,000枚
発行年 平成31年
量目 31.1g
直径 40mm
販売方法 通信販売
販売価格 9,500円

ラグビー千円銀貨の買取相場

私が調べた「ラグビーワールドカップ2019™日本大会記念千円銀貨幣」の実勢価格(中古品市場で業者が販売し実際に取引された値段)と買取相場は下記のようになっております。

取引時期 実勢価格 買取相場
2019年6月 14,000円 〜11,000円
2019年7月 13,000円 〜10,000円
2019年8月 12,500円 〜9,500円
2019年12月 17,000円 〜13,000円
2020年1月 16,000円 〜12,000円
2020年2月 16,500円 〜12,500円

10000円金貨と比べると発行枚数が多かった事もありプレミアムの価値は乏しく、取引価格も下落基調となっていましたが、2020年になってからは実勢価格が上昇し業者の買取価格も上昇傾向となっています。

直近の実勢価格は12,000円〜16,500円程度が相場となっており、売却時期や保管状態が良ければ造幣局販売価格(9,500円)よりも高値での買取になる可能性もあります。

ラグビー千円銀貨の価値まとめ

いかがだったでしょうか?ラグビー1000円銀貨幣はプルーフ仕様の美しいカラー銀貨ですが、近年発行された記念硬貨なので骨董(アンティーク)としての価値はありません。

しかし、発行枚数が50000枚と少ないため、プレミアムの価値が付いており当時の購入価格よりも高値での査定も期待できます。今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。