こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は安政6年(1859年)に鋳造された安政一分判金の価値と買取価格について記載して行きたいと思います。

安政一分金は単年発行の稀少な古銭ということもあり価値が高く、高価買取が期待できます。

安政一分判金の詳細

安政一分判金

画像の安政一分金は安政小判と同品位、1/4の量目でもってつくられた長方形の古銭です。品位は金570/銀430、量目は2.24g、表面は上部に扇枠の桐紋、中央に横書きで「分一」下部に桐紋が配置され、裏面は「光次」と「正」の極印が打たれています。

カタログ価格は下記の通りで逆打ちは稀少ですが実物が市場に出回ることは殆どありません。

種類 極美品 美品 並品
ハネ分 50万円 35万円 27万円
トメ分 70万円 50万円 35万円
逆打 150万円 120万円 80万円
極美品 美品 並品
3000USD(約30万円) 2000USD(約20万円) 1500USD(約15万円)

安政一分判金の買取相場

トメ分とハネ分の違いについては「ハネ分とトメ分の違い」をご参考ください。私が調べた安政一分判金の実勢価格(業者が販売し市場で取引された値段)や買取相場は下記の通りです。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
準未使用+(ハネ分) 28万円 〜23万円
極美品(ハネ分 鑑定書付) 23.5万円 〜19万円
未使用(トメ分 鑑定書付) 34万円 〜28万円
準未使用(トメ分 鑑定書付) 28万円 〜23万円
準未使用−(トメ分) 2300USD 〜20万円

珍しい古銭なので売買事例はあまり多くありません。ハネ分とトメ分は日本のカタログ価格だと最大で20万円の価格差がありますが実際には価値に大きな違いはなく、実勢価格や買取価格の差は僅かとなっております。

安政一分判金まとめ

いかがだったでしょうか?安政一分金は稀少な古銭なので価値が高くなっており保管状態が良ければ15万円〜20万円程度での買取も十分期待できます。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。