こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は平成16年に発行された日本国際博覧会記念硬貨(1000円銀貨と10000円金貨)の価値と買取相場について記載していきたいと思います。

平成16年EXPO2005 愛地球博 千円銀貨の価値

愛知万博千円銀貨

愛知万博を記念して発行された日本国際博覧会記念プルーフ1000円銀貨です。EXPO2005は愛知県愛知郡長久手町豊田市および同県瀬戸市の2会場で開催された博覧会で略称は「愛知万博」、愛称は「愛・地球博」となっております。

表面には「地球と若木」、裏面には「シンボルマークと大地」が描かれ独立行政法人造幣局より発行されました。Y#135で重量31.1g、銀の品位99.99%、直径40mm、発行枚数やカタログ価格は下記の通りです。

発行枚数 完全未使用
 70,000枚 13,000円
発行枚数 完全未使用
 70,000枚 16,500円

プルーフ(鏡面仕上げ)のカラー銀貨ということもありカタログ価格は比較的高額ですが、実勢価格(実際に市場で取引される値段)はあまり高くなく、ケース付きでも3500円〜4000円程度が相場です(下記は2018年の市場での取引データーです)。

業者所在 古銭詳細 取引価格
愛知県 完全未使用 4,500円
東京都 完全未使用 4,300円
兵庫県 完全未使用 3,800円
京都府 完全未使用 3,500円

業者による買取価格は?業者による買取価格は1500円〜3000円程度が相場です。ケースが無いと実勢価格が下がるため買取価格はもう少し安くなります。

平成16年EXPO2005 愛地球博 壱万円の価値

愛知万博記念金貨

愛知万博を記念して発行された10,000円金貨です。表面には「フクロウ・地球・自然」が描かれ裏面には千円銀貨同様に「シンボルマークと大地」が描かれています。Y#136で重量15.6g、直径26mm、金品位99.99%となっており、発行枚数やカタログ価格は下記の通りです。

発行枚数 完全未使用
70,000枚 83,000円
発行枚数 完全未使用
70,000枚 100,000円

実勢価格については下記のように75000円前後となっており業者による買い取りの場合でも6万円程度〜の金額が期待できます。

業者所在 古銭詳細 取引価格
愛知県 完全未使用 77,000円
静岡県 完全未使用 75,000円
大阪府 完全未使用 74,000円
宮城県 完全未使用 72,000円

金貨の当時の販売価格は?日本国際博覧会記念10000円金貨(愛知万博1万円金貨)の当時の造幣局販売価格は40000円(金貨と銀貨のセットの場合45000円)となっており、業者による買取価格は当時の販売価格より高いケースが殆どです。

愛知万博硬貨の価値と相場まとめ

貨幣セット

いかがだったでしょうか?愛知万博の硬貨としては今回取り上げた千円、一万円以外に平成17年発行の500円硬貨が存在します。

また、千円銀貨と一万円金貨は上記のようにセットでも販売されており、セットの場合、7.5〜8万円前後の金額で市場にて取引されています。今回の記事が記念硬貨の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。