こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は平成31年に発行された天皇陛下御在位三十年記念一万円金貨幣と天皇陛下御在位三十年記念五百円バイカラー・クラッド貨幣の価値と買取価格について記載して行きたいと思います。

天皇陛下御在位30年記念一万円金貨の詳細

天皇陛下御在位30年記念一万円金貨

天皇陛下御在位10000円金貨は平成31年に発行されました。表面には在位20年記念金貨在位10年記念金貨と同様に鳳凰、裏面には菊花紋章がデザインされています。

素材 純金
直径 28mm
重量 20g
仕上 プルーフ
発行枚数 50,000枚
販売価格 138,000円

天皇陛下御在位30年記念500円硬貨の詳細

天皇陛下御在位30年記念500円硬貨

画像は10000円金貨と同時に発行された天皇陛下御在位三十年記念五百円バイカラー・クラッド貨です。表面には儀装馬車と桐と白樺、裏面には金貨と同様に菊花紋章がデザインされています。

素材 ニッケル黄銅、白銅及び銅
直径 26.5mm
重量 7.1g
発行枚数 5,000,000枚

在位30年記念硬貨の価値と買取価格

在位30年記念硬貨(2点セット)

在位30年記念硬貨は他の天皇陛下御在位記念コインと同様に価値が高くなっています。上記画像のような1万円と500円の2点セットは販売価格14万円、販売数量30,000セットでしたが発売当初は当時の販売価格を超える実勢価格で取引されています。

実勢価格とは

実勢価格とは業者が販売し実際に市場で取引された値段の事です。買取業者は実勢価格を元に記念硬貨の査定を行い買取価格を決めます。

2点セットの買取相場
取引年 実勢価格 買取価格
2019年 〜170,000円 〜150,000円
1万円金貨の買取相場
取引年 実勢価格 買取価格
2019年 〜155,000円 〜145,000円
500円硬貨の買取相場
取引年 実勢価格 買取価格
2019年 〜800円 〜600円
500円硬貨は価値が低い

500円硬貨はロール出しの完全未使用品だとしても価値は高くなく買取価格は額面程度となっています(ロールについてはこちらの記事を参照)。

同じバイカラー・クラッド貨幣である地方自治法施行60周年記念500円硬貨でも同様の傾向がありますので今後も価値が上がる可能性は低いと思います。

天皇陛下御在位30年記念硬貨まとめ

いかがだったでしょうか?天皇陛下御在位30年記念貨幣では発行枚数が少なく、素材で金が使われている1万円金貨で価値が高くなっています。

1万円金貨については10万円を超える高価買取が期待できますので売却をご希望でしたら下記のような専門業者に査定してもらうと良いでしょう!今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。