こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は2007年(平成19年)ユニバーサル技能五輪国際大会記念1000円銀貨と純銀メダルの価値と相場について記載していきたいと思います。

ユニバーサル技能五輪千円銀貨の価値

ユニバーサル技能五輪銀貨

平成19年(2007年)に発行されたユニバーサル技能五輪記念1000円銀貨です。2007年ユニバーサル技能五輪国際大会とは、2007年11月14日から11月21日にかけて静岡県静岡市及び沼津市で第39回技能五輪国際大会と第7回国際アビリンピックを同時開催した大会の総称です。

記念貨幣表面中央には、静岡県開催に因み富士山がデザインされ、記念貨裏面には交差する虹と2007年ユニバーサル技能五輪国際大会のエンブレムがカラーでデザインされています。

Y#140で重量31.1g、直径40mm、銀品位99.99%となっておりカタログ価格や発行枚数、当時の販売価格は下記の通りです。

発行枚数 完全未使用 当時の販売価格
 80,000枚数 7500円 6000円

このユニバーサル技能五輪記念1000円銀貨は製造費用が額面価格を超えることから製造費用を下回らない範囲で価格付けされたプレミアム型の記念貨幣となっております。

当時、造幣局から販売された価格は6000円でしたが現在では下記のように「カタログ価格」や「当時の販売価格」以下で取引されることが一般的です(いずれも2017年、2018年の売買データです)。

業者所在 古銭詳細 取引価格
静岡県 完全未使用 3900円
東京都 完全未使用 3800円
福島県 完全未使用 3500円
福岡県 完全未使用 3200円

ユニバーサル技能五輪千円銀貨の価格の傾向

価格の推移

上記はヤフオクで売買された「完全未使用」状態のユニバーサル技能五輪千円銀貨の価格推移を示したものです。2010年頃は6500円〜8000円程度での売買も散見されましたが、現在では3000円〜3500円程度まで相場が下落しています。

純銀メダルの価値と相場

純銀メダル

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念貨幣の発行を記念し発行された純銀メダルです。当時の販売価格は21000円、発行枚数10000枚、直径60mm、重量160gとなっており市場での取引価格は下記の通りです(いずれも2017年、2018年の売買データです)。

業者所在 古銭詳細 取引価格
長野県 完全未使用 12400円
埼玉県 完全未使用 11500円
東京都 完全未使用 11000円
愛知県 完全未使用 11000円

メダルについても2011年頃は15000円〜18000円程度での売買が散見されており、全体的に価格は下落傾向にあるようです。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。