こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は明治と昭和を中心とした価値の高い五圓金貨について記載していきたいと思います。五圓金貨は明治と大正のものが有名ですが実は昭和30年にも発行があり昭和30年の5円金貨は価値が高いです。

明治3年から明治30年まで発行された旧五圓金貨

明治金貨明治金貨

明治3年〜明治4年まで発行された旧5円金貨です。Y#11で重量は8.33g、直径は23.84mmとなっておりカタログ価格は下記の通りです。

古銭詳細 発行枚数 極美品 未使用
明治3年 273,536枚 18万円 25万円
明治4年 上記に含まれる 17万円 23万円

この明治3年、明治4年の金貨の中で抜群の希少性があるのは明治4年に発行されたプルーフ5円金貨です。市場に出回ることは殆どないので相場はわかりにくいですが1例として完全未使用の昭和4年プルーフ金貨は以前、米国にて58750USD(日本円で約650万円)で取引されたことがあります。

5円金貨5円金貨

明治5年〜明治30年まで発行された5円金貨です。Y#11で重量は8.33g、直径21.82mmとなっており、明治3年や明治4年の5円金貨と比べると直径が若干小さくなっています。

古銭詳細 極美品 未使用
 明治5年〜明治6年 9万円 17万円
明治7年〜明治8年 14万円 22万円
明治9年 19万円 27万円
明治10年〜明治11年 50万円 70万円
明治13年〜明治25年 55万円 75万円
明治26年 65万円 115万円
 明治27年〜明治28年 55万円 75万円
明治29年〜明治30年 65万円 115万円

カタログ価格は上記のように高額で明治後期になればなるほど、希少性が高くなります。中でも価値が高いのは明治13年に発行されたプルーフ5円金貨(殆どのカタログで未掲載)で完全未使用の状態の場合1000万円を超える金額で市場にて取引されております(2017年には米国で117500USD、日本円で1300万円程度で取引されました)。

明治30年から大正13年まで発行された新五圓金貨

5円金貨5円金貨

明治30年、明治31年、明治36年、明治44年、明治45年、大正2年、大正13年に発行された新五圓金貨です。Y#32(明治)とY#39(大正)で重量は4.166g、直径16.96mm、カタログ価格や発行枚数は下記の通りです。

古銭詳細 発行枚数 極美品 未使用
明治30年 111,776枚 8万円 9.5万円
明治31年 55,888枚 8万円 10万円
明治36年 21,956枚 10万円 18.5万円
明治44年 59,880枚 9万円 16万円
明治45年 59,880枚 8万円 14万円
大正2年 89,820枚 9.5万円 15万円
大正13年 76,037枚 8.5万円 11.5万円

市場での取引価格としては未使用で7万円〜13万円程度、完全未使用でも15万円前後が相場です。先ほどの旧五圓金貨に比べると全般的に価値が低いです。

昭和5年に発行された新五圓金貨

新五圓金貨新五圓金貨

昭和5年に発行された新五圓金貨です。Y#51で重量は4.166g、デザインは明治、大正時代に発行された新五圓金貨と同様ですが希少価値が異なりこちらは未使用で300〜400万円程度の価値があります(カタログ価格は下記のように未使用で650万円の価値があるとなっていますが実際の市場での取引価格は完全未使用でも450万円程度です)。

古銭詳細 発行枚数 極美品 未使用
昭和5年 852,563枚 500万円 650万円

価値の高い5円金貨まとめ

いかがだったでしょうか?5円金貨と言っても発行された年号やデザインによって価値が大きく異なります。昭和に発行された新五圓金貨や明治のプルーフ旧五圓金貨は希少価値が高く、お手元にある場合、超高価格買い取りが期待できます。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。