こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は万延元年から明治初期にかけて鋳造された万延二分判金の価値と買取価格について記載して行きたいと思います。

この古銭では安政型、明治型、逆打などのバリエーションが存在し、全体的に価値が高くなっております。

万延二分判金の詳細

万延二分判金

画像は明治型の万延二分判金です。この古銭は万延元年4月9日(1860年)より鋳造開始され翌日4月10日より通用開始されました。発行枚数は約5000万両と非常に多かったため、当時の金貨流通の主導権を握り、事実上の本位貨幣的地位を有していました。

安政型と明治型の見分け方

安政型と明治型の見分け方

この二分金では安政型、明治型が存在し、画像のようにVが有るか無いかで判別することができます。カタログ価格は下記のようになっており、安政型の方が若干ですが価値が高くなっております。

種類 極美品 美品 並品
安政型 25万円 16万円 10万円
明治型 20万円 12万円 8万円
逆打 45万円 35万円 25万円
種類 極美品 美品 並品
安政型 900USD(約9万円) 680USD(約6.8万円) 500USD(約5万円)
明治型 700USD(約7万円) 500USD(約5万円) 300USD(約3万円)

万延二分判金の価値と買取相場

私が調べた万延二分判金の実勢価格(業者が販売し市場で取引された値段)や買取相場は下記のようになっております。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
極美品(安政型 鑑定書付) 7.2万円 〜5.8万円
極美品(明治型 鑑定書付) 5.6万円 〜4.5万円
美品(安政型) 4万円 〜3.2万円

日本のカタログ価格に比べると価値は遥かに低くなっており、実勢価格は米国のカタログ価格が参考になります。なお、逆打については取引事例が見つからなかったので実勢価格や買取相場はわかりませんでした。

万延二分判金の買取相場まとめ

いかがだったでしょうか?万延二分判金は明治二分金と同様に二分金の中では金の含有量が少ない古銭となっております。

そのため、地金としての価値はありませんが、骨董としての人気は高く、数万円での買取が期待できます。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。