こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は買取価格が高いエラー100円記念硬貨について記載していきたいと思います。昭和後期から平成にかけて様々な記念100円硬貨が発行されていますが通常は価値が低く、買取価格は数百円程度が相場です。しかし、一部のエラーコインになると買取価格が上昇し1万円を超える買取になるものも存在します!

買取価格が高い札幌冬季オリンピック100円硬貨

エラーコイン

昭和47年1月28日に発行された札幌冬季オリンピック記念100円白銅貨です。直径30mmで素材はニッケル日本のカタログ価格は下記の通りです(米国のカタログ価格はこちらを参照)。

完全未使用 未使用
1000円 600円

通常貨幣の買取価格は完全未使用だとしても100円〜250円程度となっており価値は乏しいです。しかし、画像のようなエラーコイン(傾打)になると買取価格が上昇し1万円を超える買取も期待できます。

詳細 取引価格 買取価格
90度 傾打 4.3万円 〜3.5万円
70度 傾打 3.1万円 〜2.5万円
45度 傾打 1.5万円 〜1.1万円

エラーの種類と説明札幌冬季オリンピック記念100円白銅貨のエラーは私が知る限り傾打(角度ズレ)エラーしか存在しません。傾打(角度ズレ)エラーとは画像のように表面と裏面の角度がズレている硬貨の事でズレ幅が大きいほど価値が高く、買取価格も高くなっています。

買取価格が高い日本万国博覧会記念100円硬貨

エラーコイン

昭和45年3月10日に発行された日本万国博覧会記念100円白銅貨です。通常貨幣は価値が乏しく、買取価格は100円〜200円程度となっています。

エラーコインについてはこちらも傾打(角度ズレ)エラーのみ発見されており、傾打(角度ズレ)エラーの現存数が札幌冬季オリンピック100円硬貨に比べると少ないため45度程度の角度ズレだとしても5万円を超える取引価格(市場価格)になる事があります。

傾打エラーの見分け方通常貨幣では硬貨を右回りに一回転させると、表面の日本国の「本」と裏面の100YENの「0とYの間」が最も上にきます。しかし、傾打エラーでは位置がズレます。

買取価格が高い東京オリンピック100円銀貨

東京オリンピック記念100円銀貨は昭和39年9月21日に発行されました。日本のカタログ価格は下記のようになっており通常貨幣の買取価格は高くても数百円程度が相場です(米国のカタログ価格はこちらを参照)。

完全未使用 未使用
1000円 800円

エラーコインについては傾打以外に画像のようなプレスエラーが発見されており通常貨幣に比べ買取価格が高くなっています。

プレスエラー

100円銀貨のエラー

画像はプレスエラーの100円銀貨です。傾打に比べると出現頻度が低いエラーとなっており、2014年に2万円で取引された事があります。また、東京オリンピック100円銀貨の傾打エラーは45度で1.5万円程度が市場価格(取引価格)となっています。5度〜20度程度の傾打は数が多くなっており「買取価格=千円〜数千円」が相場です。

買取価格が高い100円記念硬貨まとめ

いかがだったでしょうか?通常は買取価格数百円のものでもエラーになると1万円を超える買取になります。傾打(角度ずれ)エラーについては一見しただけでは判別しづらく、コレクションや遺品に傾打(角度ずれ)が混ざっているかもしれませんので確認してみる事をオススメします。今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。