こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は平成17年2月14日に発行された中部国際空港開港記念プルーフ500円銀貨の価値と買取価格について記載していきたいと思います。

この貨幣はプレミアム貨幣となっており、全て記念貨貨幣セットで販売されました。発行枚数が5万枚と少ないため、額面を超えるプレミアムの価値が付いています。

中部国際空港開港記念プルーフ500円銀貨の詳細

画像は平成17年2月14日に発行された中部国際空港開港記念プルーフ500円銀貨です。表面には「機内から見える中部国際空港」裏面には「旅客機と中部地方」が描かれており、詳細は下記の通りです。

発効日 平成17年(2005年)2月14日
直径 28.00mm
品位 銀1000(純銀)
量目(重さ) 15.6g
販売数 50,000枚
造幣局販売価格 4,000円
カタログ価格 5,000円
仕上げ プルーフ

中部国際空港開港記念五百円銀貨の買取価格

中部国際空港開港記念五百円銀貨幣プルーフ貨幣セット

下記は私が調べた中部国際空港開港記念プルーフ500円銀貨の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場の価格推移です。

年号 実勢価格 買取相場
2013年 〜5,500円 〜3,500円
2014年 〜5,500円 〜3,500円
2015年 〜5,000円 〜3,000円
2016年 〜5,000円 〜3,000円
2017年 〜4,000円 〜2,300円
2018年 〜3,000円 〜1,300円
2019年 〜3,500円 〜1,800円
2020年 〜4,500円 〜2,600円

買取相場の根拠

実勢価格(業者が販売し実際に取引された値段)や買取相場は「国内オークション」「海外オークション」「オークファン」「知人の実店舗業者」「知人のネット販売業者」などの売買データを元に作成しています。

以前は5,000円を超える価格で取引されることがありましたが、2017年頃より取引価格が顕著に下落し、2018年には実勢価格は3,000円以下まで下落しました。

その後、2018年をボトムに取引価格は上昇傾向となっており、最近(2020年)の業者による買取価格は保管状態や売却時期が良ければ2,000円を超える事もあります。今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。