こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は平成14年(2002年)に発行された日韓ワールドカップ記念硬貨(500円、1000円、10000円)の価値と相場について記載していきたいと思います。

FIFAサッカーワールドカップ五百円硬貨の価値

ワールドカップ500円硬貨ワールドカップ500円ワールドカップ500円硬貨

日韓ワールドカップを記念して2002年に発行された500円硬貨です。上記の3種類のでデザインが存在しますが発行枚数や価値に違いはありません。

Y#126〜128、重量7.00g、直径26.5mm、素材(銅 ニッケル 亜鉛)となっており発行枚数やカタログ価格の詳細は下記の通りです。

発行枚数 完全未使用
 10,000,000枚(3種類合計30,000,000枚) 1000円

近年に発行された硬貨ということもあり希少性は高く無く市場ではカタログ価格より安い500円〜700円程度での売買がほとんどです。

FIFAサッカーワールドカップ千円銀貨の価値

ワールドカップ1000円銀貨

2002年ワールドカップ1000円銀貨です。こちらは先ほどの500円と異なり通常貨の発行は無くプルーフ(鏡面仕上げ)のみとなっております。Y#129で重量31.1g、直径40mm、発行枚数やカタログ価格は下記の通りです。

発行枚数 完全未使用
 100,000枚数 20000円

カタログ上は20000円となっていますが実勢価格(実際に市場で取引される価格)は低く、3000円〜6000円程度が相場です。

FIFAサッカーワールドカップ一万円金貨の価値

ワールドカップ記念金貨

ワールドカップを記念して発行された壱万円金貨です。Y#130で重量15.6g、直径26mmとなっており発行枚数やカタログ価格は下記の通りです。

発行枚数 完全未使用
 100,000枚数 100000円

一般的に上記のようなホログラム入りのケースに入っており、贋作(偽物)は見かけたことがありません。市場ではカタログ価格より若干安い7000円〜85000円程度で取引されております。

サッカーワールドカップ記念硬貨まとめ

いかがだったでしょうか?ワールドカップ記念硬貨は近年に発行されたコインということもあり骨董(アンティーク)としての価値は低いです。金貨については純度が99.99%と高いことから金の実勢価格と連動する形で市場価値が変わります。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。