こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は天保丁銀の相場と価値について書いていきたいと思います。文政丁銀の記事でも書かせていただきましたが私も以前、丁銀を買い取ってもらった事があります。

天保丁銀の価値

古銭
天保丁銀です。天保8年の1837年から1858年まで鋳造された丁銀です。文政丁銀と似た丁銀ですが天保の「保」の字が打刻されており、一目で判別できます。C#9bで銀の品位は0.26、カタログ価格は下記のようになっております。

発行年号 発行枚数 美品 極美品
1837年〜1858年 不明 400USD(約4.6万円) 500USD(約5.5万円)

天保丁銀の相場

天保丁銀はナマコ上の貨幣で比較的贋作(偽物)の作成も容易であることから昔から贋作が数多く出回っています。また、最近ではレプリカもあり、レプリカを元とした贋作もありますので注意したほうがいいです。

真贋の見極めは古銭やアンティークコインのコレクターの場合は長年古銭を見てきた経験である程度、判別がつく可能性もありますがコレクターや業者でない方には難しいと思います。

取引日 取引国 古銭の詳細 取引価格
2016年 米国 美品 203USD(約2.3万円)
2013年 米国 155.8g、美品 575USD(約6.5万円)
2015年 日本 208g、美品 9.3万円
2017年 日本 198g、美品 4.8万円
2017年 日本 188g、美品 5.7万円

本物の取引価格は上記のようになっており、カタログ価格同様、高額での売買が多いです。なお、100gを下回るものについては贋作(偽物)かレプリカの可能性が高く100円〜1500円で市場にて売買されています。

また、一般的な家庭でみつかる丁銀は本物だとしても美品よりも状態が悪い並品、劣品のケースが殆どでその場合の市場価格は1万円〜2万円となっており1点0.5万円〜1万円程度での買取になると思います。