こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は明治に鋳造・発行された古銭の中で価値が高い硬貨ベスト3について掲載して行きたいと思います。明治発行の古銭は金貨・銀貨を中心に希少性が高いものが多く、高額査定・高額買取が期待できます。

明治の古銭ランキング

  1. 明治3年のプルーフ20円金貨

    明治の20円金貨

    価値 5.0
    希少性 50
    デザイン 5.0
    明治3年:
    350万円〜
    明治9年:
    700万円〜
    明治10年:
    900万円〜
    明治13年:
    800万円〜
    明治3年(プルーフ):
    2000万円〜

    第1位は明治3年のプルーフ20円金貨です。明治に発行された旧20円金貨は価値が高く通常の20円金貨だとしても数百万円の価値があります。

    貴重なものとしては贈答用のプルーフ20円金貨(明治3年銘)とシカゴ博覧会用に製作された明治25年銘が存在し、プルーフについては以前、米国で「完全未使用が5000万円強」「未使用が3300万円」で取引された事があります。

    管理人のレビュー

    明治の20円金貨については明治3年銘以外は発行枚数1000枚以下と少ないことから市場に出てくることは殆どありません。価値が高く、数百万円〜の高額買取が期待できる古銭です。

    詳細を見る

  2. 明治3年の1円試鋳貨

    明治の1円銀貨

    価値 5.0
    希少性 5.0
    デザイン 4.5

    2位は明治3年の1円試鋳貨です。試鋳貨とは市場に流通しなかった見本貨幣のことで試作として作成されたものです。現存数10枚以下と言われており、銀貨ですが状態が良いものでは3000万円を超える金額で取引されています。

    管理人のレビュー

    試鋳貨以外については下の「詳細を見る」で掲載しています。全体評価ならば明治の旧10円金貨の方が価値が高いですが単品だと今回取り上げた1円銀貨の価値は抜群です!

    詳細を見る

  3. 明治7年貿易銀試鋳貨

    明治7年貿易銀試鋳貨

    価値 5.0
    希少性 5.0
    デザイン 4.5

    先ほどの明治3年の1円試鋳貨については日本のカタログでは掲載されていませんがこちらの貿易銀についてはカタログでも掲載されています。品位は銀90%、直径38.1mm、重量27.19g、縁(エッジ)はギザ縁、画像のコインは2011年に3000万円強で取引されており価値が非常に高いです。

    管理人のレビュー

    貿易銀は明治8年〜明治10年にかけて発行されました。試鋳貨ではない通常品でも価値が高く高額買取が期待できます。丸銀打ちのある貿易銀も存在しますが丸銀打ちのあるタイプは価値が少し落ちます。

    詳細を見る

まとめ

明治の古銭ランキングまとめ

価値の高いランキング1位の旧20円金貨については予想通りだったのではないでしょうか?一方、ランキング2位と3位の銀貨は予想外だったと思います。

試鋳貨や特年を除いた平均ランキングでは1位が旧20円金貨、2位が旧10円金貨、3位が旧5円金貨と金貨が1〜3位を独占します。「100万円の価値がある昭和の5円玉」などでも書いていますが、古銭では思いもよらない高額古銭が存在しますので信頼できる専門家に査定を依頼する事が重要です!