こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は平成11年(1999年)に発行された天皇陛下御在位十年1万円金貨の買取価格や市場での価値について記載していきたいと思います。同じく平成に発行された長野オリンピック金貨につきましては「長野オリンピック10000円金貨」で記載しています。

平成11年天皇陛下御在位十年1万円金貨の価値

壱万円金貨壱万円金貨

平成11年(1999年)に天皇陛下御在位十年を記念して発行されたプルーフ1万円金貨です。表面には「鳳凰」裏面には「年号・額面」が描かれており、シンプルですが美しいデザインのコインです。Y#124で重量は20g、金の品位1.00となっており、カタログ価格や市場で取引される値段、予想買取価格は下記の通りとなっております。

発行枚数 カタログ価格 市場価格 予想買取価格
200,000枚 125,000円 93,000円 75,000円〜80,000円

平成11年の1万円金貨は金の品位が高いことから純金としての価値も高く、金相場に連動する形で市場価格や買取価格が変動します。今後、金相場が上がるようならば買取価格も上昇します。

金貨の買取まとめ

金貨

天皇陛下御在位10年記念プルーフ1万円金貨は金貨のみの場合と上記画像のように、500円白銅貨がセットになったものの2タイプがあります。500円白銅貨については残念ながら市場価値がほとんどないため、セットになっていたとしても1万円金貨単体のものと買取価格はほとんどかわりません。

500円硬貨の有無よりも、ケースがあるか否かの方が重要で、ケースがない場合、コイン自体の状態は変わらないとしても買取価格が数千円異なることもあります。そのため、ケースを紛失しないようにしましょう!

なお、贋作(偽物)についてはホログラム入りのプラスチックケースに入っており、偽造が難しいプルーフ貨ということもあり偽物自体を見たことがないので、偽物の流通は殆ど無いと思います。

古銭やアンティークコイン以外にも他の骨董品や不用品と一緒に査定してもらうことも可能なので価値が気になる古銭や買い取って欲しい古銭がありましたら買取専門店に査定してもらうと良いでしょう!