こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。当サイトでは日本の古銭や海外のアンティークコインの市場価格や買取相場情報、贋作(偽物)の見抜き方を掲載しています。また、私や友人の古銭コレクターが日本にある10社の買取業者を試してみた経験を元にオススメの古銭買取業者を紹介しています。

江戸と明治の古銭

日本の古銭の中でも江戸、明治に発行されたものは骨董品(アンティーク)としての価値が出てきており、旧20円金貨や大判金などは数百万円の金額で買い取りされています。また、金貨以外でも1円銀貨や50銭銀貨、半銭銅貨などでは特年のものがあり、特年タイプやプルーフタイプで未使用の状態のものがあればこちらも百万円を超える値段が付くことがあります!

大正・昭和・平成の古銭

大正時代に入ると額面も増え古銭の種類は豊かになりますが希少なものは少なくなります。特に20円金貨では旧20円金貨に比べると骨董品としての価値の減価が著しく、市場で取引される値段もあまり高くありません。

大正、昭和時代で最も高価な古銭は昭和発行の新20円金貨だと思います。この金貨は大正の新20円金貨と同一デザインですが現存数が少なく、市場では400〜500万円で取引されることもあります。その中でも昭和7年の20円金貨の希少価値はピカイチで世界を見渡しても取引事例がほとんどありません。そのため買取に出すことが出来れば1000万円を超える値で買い取ってもらうことも可能だと思います。

古銭やコインを高く売るコツ

高く売るコツ

欧米のアンティークコインの場合は米国の鑑定機関であるNGCやPCGSによる鑑定済みコインにすると価値が上がりますが、日本の古銭の場合、価値はほとんど上がりませんので手間暇をかけて海外へ鑑定に出す必要はありません。

古銭の売却で高額買取を狙うなら、保存状態には気をつけ、ありのままの姿を見てもらいましょう。表面に銀錆、青錆、汚れなどがあったとしても磨いてきれいにしたりすると骨董としての価値を下げてしまうので注意が必要です。錆や汚れがあったとしても、そのままの姿で専門家に査定・鑑定してもらうことが高く売るコツです!

古銭の無料査定・買取

買取って欲しい古銭、価値の判らない古銭がありましたら無料査定がおすすめです!無料査定ではあなたの大切なお品を古銭の専門家が丁寧に鑑定・査定してくれます。

宅配査定・持込査定・出張査定に対応しており、日本全国どこからでもご利用可能。気になる「相談料」「出張料」「査定料」「キャンセル料」などはすべて無料です。

▶️古銭の無料査定・買取