こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は大正9年〜大正15年の10銭白銅貨の価値や業者による買取価格について記載していきたいと思います。

それ以前の大正の10銭硬貨につきましては「大正の10銭銀貨(大正元年〜大正6年)」、昭和2年から昭和7年の10銭硬貨については「昭和4年の特年10銭貨の価値と買取相場」で記載しています。

大正の10銭白銅貨(大正9年〜大正15年)の買取相場

大正の10銭白銅貨

大正の9年〜大正15年に発行・鋳造された10銭白銅貨です(画像の状態は未使用)。重量は3.75g、直径22.17mm(カタログによっては22.1mm)となっており、これ以前に発行された大正の10銭貨に比べると重量が重くなりサイズも大きくなっています。

ただ、素材は白銅(銅とニッケル)なので以前に比べると金属自体の価値は落ちています。なお、米国のカタログ価格は下記のようになっており、大正9年が特年で希少性が高いです。

年号 発行枚数 極美品 未使用
大正9年 約500万枚 250円 2500円
大正10年 約6000万枚 100円 500円
大正11年 約1億6000万枚 100円 500円
大正12年 約1億9000万枚 100円 500円
大正14年 約5400万枚 100円 500円
大正15年 約5800万枚 100円 500円

市場価格(実勢価格)は大正9年の特年、未使用で1500円〜2000円となっており、買取価格は1000円程度になるでしょう!しかし他の年号の未使用は市場価格200円〜300円くらいなので買取価格は50円〜100円程度だと考えられます。

また、並品、美品については市場での価値が30円や20円しかないので買取になると1枚数円程度が相場となっています。

古銭詳細 買取相場
大正9年の未使用 〜1,000円
特年以外の未使用 〜100円
極美品以下の状態 〜10円
穴ずれエラー

穴ずれエラーの価値

画像は大正12年の大日本10銭白銅貨です。大変珍しい穴ずれエラーとなっており、市場では20,000円〜60,000円程度の値段で取引されております(状態が良くて発行枚数の少ない年号銘ならば価値が高い)。

そのため、業者による買取価格は画像のような極美品程度の状態でも1万円越えが十分期待できます。

大正の10銭白銅貨の価値まとめ

いかがだったでしょうか?大正時代に発行された10銭白銅貨はエラーコインを除くと価値はあまり高くありません。

しかし、数十点まとめての買取や様々な古銭や記念硬貨を合わせて売却する場合、10,000円を超えるような買取となることもあります。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。