こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は大正11年から昭和13年にかけて発行された小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨の価値と買取相場について記載していきたいと思います。

この硬貨は八咫烏50銭銀貨の後に発行されたものですが、現存数が多いため価値はそれほど高くありません。

しかし、特年(昭和13年)の完全未使用やエラーコインについては例外的に価値が高くなっており、数万円からの高価買取が期待できます。

小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨の詳細

小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨

画像は大正11年〜昭和13年にかけて発行された小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨です。直径23.5mm(米国カタログでは23.8mm)、量目4.95gとなっており日本のカタログ価格は下記のようになっております(米国のカタログ価格はこちらで掲載)。

年号銘 未使用 極美品
大正11年 5,000円 1,000円
大正12年 3,000円 1,000円
大正13年 3,000円 1,000円
大正14年 4,000円 1,000円
大正15年 5,000円 1,000円
昭和3年 3,000円 800円
昭和4年 8,000円 1,500円
昭和5年 7,000円 1,800円
昭和6年 1,500円 800円
昭和7年 1,500円 800円
昭和8年 6,000円 2,000円
昭和9年 1,500円 1,000円
昭和10年 2,000円 1,200円
昭和11年 1,200円 1,000円
昭和12年 1,200円 1,000円
昭和13年 40,000円 25,000円

(*2020年の最新のカタログ価格に修正済み)

小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨の買取相場

私が調べた小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)や買取相場は下記のようになっております。

詳細 実勢価格 買取相場
昭和13年 未使用+ 14,000円 〜9,500円
大正11年 完全未使用 10,000円 〜6,000円
大正14年 極美品 600円 〜200円

特年や完全未使用については価値が高くなっていますが、特年以外で状態が極美品以下のものについては現存数が多いため価値は高くなく、業者による買取価格は高くても数百円程度が相場です。

エラー小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨の買取価格

エラー小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨

小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨ではエラーコインが何点か発見されています(画像は裏写りエラー銭)。私が調べた限りでは、上記の「裏写りエラー」と「傾打エラー」が下記のような実勢価格で取引されたことがあるため、同様のものならば数万円の高価買取が期待できるでしょう。

詳細 実勢価格 買取相場
昭和6年 裏写りエラー 50,000円 〜40,000円
昭和13年 45度傾打エラー 75,000円 〜60,000円
エラー銭の解説!

裏写りエラーとは裏の模様または表の模様が重なって刻印されているものです。はっきりと写りが見て取れるものほど価値が高くなっています。

傾打エラーとは表面と裏面の図案が通常と異なる角度で打たれているものです。特年の傾打は非常に珍しく買取価格も高くなっています。

小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨の価値まとめ

いかがだったでしょうか?通常見つかる小型五十銭(鳳凰50銭)銀貨は状態が並品〜極美品程度となっており買取価格は高くありません。

しかし、完全未使用の特年やエラーコインについては価値が高くなっており、高価買取が期待できます。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。