こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は大正3年に発行された一円銀貨の価値や市場での値段について記載していきたいと思います。

大正の旭日龍一圓銀貨の価値

大正1円銀貨

大正時代に発行された一圓銀貨です。表面には旭日龍、裏面には[一圓]と額面が書かれています。大正時代の1円銀貨は大正3年(1914年)のみとなっておりそれ以降は一円銀貨の発行・鋳造はありません。Y#38で重量は26.96g、銀の品位0.900となっており発行枚数やカタログ価格は以下の通りです。なお、グレードにつきましてはこちらの「古銭のグレードとNGC・PCGS」で記載しています。

年号 発行枚数 極美品 未使用
大正三年 11,500,000枚 5500円 15000円

大きく重量感のある古銭ですが発行枚数が多いためカタログ価格はあまり高くありません。市場で取引される値段や市場価格から予想される買取価格は以下の通りです。

古銭詳細 市場価格 予想買取価格
大正三年 準未使用 7000円 4000円前後
大正三年 極美品 4500円 2000円前後
大正三年 未使用 11000円 7000円前後

準未使用とはどの様な状態?

準未使用

上記が準未使用(NGCやPCGSの場合AU58程度)状態の大正3年一円銀貨です。これより少し状態が悪いものが極美品、さらに傷などなく状態が良いものが未使用となります。大正3年の一円は古銭としては新しいので未使用や完全未使用の状態の良いものも多く存在します。なお、下記の様な未使用(NGCやPCGSの場合MS63〜MS65)状態の場合、市場価格は20000円前後、買取価格13000円前後まで価値がアップします。

未使用

大正の一円銀貨まとめ

大正発行の一円銀貨は比較的新しい古銭で発行枚数、現存数が多いことから現在の市場価値は平均すると一枚5000円前後となっております。そのため一枚だけの場合は高額の買い取り価格とはなりませんが複数枚あればそれなりの金額となります。また、他の骨董品や他の古銭、不用品との同時買取も可能ですので価値や値段が気になる様でしたらまずは査定に出してみては如何でしょう?