1. ホーム
  2. 米国の金貨
  3. ≫19世紀アメリカのダブルイーグル20ドル金貨について

19世紀アメリカのダブルイーグル20ドル金貨について

こんにちは米国コイン情報館です。今回は19世紀(西暦1801年から西暦1900年)のアメリカ ダブルイーグル20ドル金貨について見て行きたいと思います。

19世紀アメリカ20ドル金貨

リバティヘッド金貨

19世紀に発行されたリバティヘッドタイプのダブルイーグル20ドル金貨です。リバティヘッドタイプとは米国において19世紀末から20世紀初期にかけて発行された自由の女神の頭部を描いたタイプのコインの事です。

ジェイムズ ロングエーカーがデザインした自由の女神像は大変美しく今日でも人気の高いコインとなっています。

ジェイムズ ロングエーカーとは1844年からその死の時までアメリカ合衆国造幣局の第4代彫師主任だった。1859年に流通し始めたインディアンの顔・1セント貨をデザインしたことで良く知られており、他にも19世紀半ばに流通した盾文様ニッケル・5セント貨や、飛ぶ鷲文様・1セント貨などのデザインを担当した。

20ドル金貨はジェイムズ ロングエーカー就任後の1850年〜発行が行われています。米国のコインらしくバラエティは乏しいですが銘文、単位の表記など微妙なデザインの違いがあります。

カタログ価格はMS63で安いものだと(1897年S)1450USD、高いものだと(1886年)140000USDと年号だけが違うコインでも100倍近くの価格差があり、実勢価格についても100倍程度の価格差がつく事は良くある事です。

ヨーロッパのコインと異なりコレクションとしては年号別に集める方が多いですが、非常に高額な年度が多く、年代一気貫通のダブルイーグル金貨コレクションなどはまだ見た事がありません。さらにダブルイーグル金貨については複数年でプルーフ金貨が発行されており、こちらは更に希少な存在となっています。

アメリカ リバティヘッド20ドル プルーフ金貨

プルーフ金貨

20ドルリバティヘッドのプルーフ金貨は1880年からは毎年発行されましたが、150万人とも200万人とも言われている米国のコインコレクターの多さから市場に出てくる事は殆どありません。カタログ価格は非常に高額でPF65で200000USD(2400万円)程度とされています。

まとめ

日本人に日本のコインコレクターが多いように米国人には米国のコインのコレクターが多いように感じています。

日本以上の所得のあるコレクターが日本の数倍いる米国のコインはやはり価格が上がりやすいように感じています。今後、米国の経済発展が続くようですと更に米国のコインの価格は上昇して行くかもしれません。現在米国では一億円以上のコインが50種類程度あるとされており、今後も注目して行きたいと思います。

今回の記事が米国コイン コレクションの参考になりましたら幸いです。

コインの買取・委託販売

  •  アンティークコイン委託販売.net

目次