1. ホーム
  2. 米国の貨幣史
  3. ≫南北戦争時における米国の貨幣制度の変化

南北戦争時における米国の貨幣制度の変化

こんにちは米国コイン情報館です。今回はアメリカ(米国)における南北戦争時の貨幣制度の変化について書いて行きたいと思います。

南北戦争とは

南北戦争

1861年から始まった南北戦争とは、アメリカ合衆国とアメリカ連合国との間で行われた戦争の事です。奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となりました。

南北戦争による貨幣制度の変化

南北戦争は米国(アメリカ)の貨幣史上、南部連邦側に金属の不足から紙幣中心の貨幣制度をもたらしました。このとき、南部連邦側によって発行された紙幣は今日でも人気の高い物が多く存在します。

米国の貨幣の歴史は浅いですが、人気の高いコイン、紙幣は非常に高額で取引が行われています。今回の記事が米国コインコレクションの参考になりましたら幸いです。

おすすめwebサイト一覧

  • 古銭の買取売却査定ナビ
    明治〜平成にかけての古銭の価値について詳しく解説しています。

  • 古紙幣旧札の買取査定ナビ
    明治〜昭和にかけての古紙幣の価値について詳しく解説しています。

  • 日本コイン古銭情報館
    江戸期を中心とした古銭の価値について詳しく解説しています。