こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は天保通宝の価値や業者による買取価格について書いていきたいと思います。天保通宝は私も以前、実家の蔵の掃除をしていたらたくさん出てきたので他の骨董品と一緒に買い取って貰ったことがあります。

天保通宝の価値

天保通宝
天保通宝は天保6年の1835年〜1870年まで発行された貨幣で表面には「天保通寳」裏面には「當百」と書かれており金座後藤家の花押が鋳込まれています。C#7で重量は20.7g、発行枚数は合計で484,804,054枚(諸説あり)、素材は青銅、貨幣価値は100文でした(実際には80文で通用)。

古い古銭ですが身近な貨幣で発行枚数が多いため「長郭」「細郭」「中郭」「広郭」といった手代わり品以外は低額です。なお、偽物(贋作)もありますが現在では価値が低いため贋作はあまり作られておらず、昔に作られた贋作が多いです。

天保通宝の相場

天保通宝は手代わり品があるのでわかりにくいですが一般的なものだと下記のような金額でまとめて売れていることが多く1枚当たりの価格は100円程度にしかならない場合が多々あります

取引日 取引国 古銭詳細 取引価格
2017年 日本 20kg まとめ売り 7万円
2017年 日本 約100枚まとめ売り 3.6万円
2017年 日本 約200枚まとめ売り 6万円
2017年 日本 9kg まとめ売り 4万円

実際に取引されている市場価格は上記のようになっており、1枚当たりでは数百円程度となります。ただ、専門家による査定の場合、価値がある品も見つかる可能性がありますので期待できます。実際に天保通宝の本座広郭などでは一枚当たり10000円程度で買い取ってもらえる事もあります。

古銭の贋作(偽物)

天保通宝も他の古銭同様、大陸で作成された贋作(偽物)が数多く出回っていますので売る場合には注意が必要です。自分自身に鑑定眼がある場合は問題ないのですが相続などで古銭を引き継いだ場合や、蔵の掃除などでたまたま、古銭が出てきて売却を検討しているのならばコイン・古銭の専門家に査定(鑑定)をしてもらったほうがいいでしょう!