こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は大正9年〜大正15年の10銭白銅貨の価値や業者による買取価格について記載していきたいと思います。それ以前の大正の10銭につきましては「大正の10銭銀貨(大正元年〜大正6年)」で記載しています。

大正の10銭白銅貨(大正9年〜大正15年)の価値

大正の10銭白銅貨

大正の9年〜大正15年に発行・鋳造された10銭白銅貨です。重量は3.75g、直径22.1mmとなっており、これ以前に発行された大正の10銭貨に比べると重量が重くなりサイズも大きくなっています。

ただ、素材は白銅(銅とニッケル)なので以前に比べると金属自体の価値は落ちています。なお、カタログ価格は下記のようになっており、大正9年が特年で希少性が高いです。

年号 発行枚数 極美品 未使用
大正9年 約500万枚 250円 2500円
大正10年 約6000万枚 100円 500円
大正11年 約1億6000万枚 100円 500円
大正12年 約1億9000万枚 100円 500円
大正14年 約5400万枚 100円 500円
大正15年 約5800万枚 100円 500円

市場価格は大正9年の特年、未使用で1500円〜2000円となっており、買取価格は1000円程度になるでしょう!しかし他の年号の未使用は市場価格200円〜300円くらいなので買取価格は50円〜100円程度だと考えられます。

また、並品、美品については市場での価値が30円や20円しかないので買取になると1枚数円だと思います。しかし、古銭の数が多ければそれなりの金額になりますので価値や値段が気になる場合、まずは専門家に査定してもらうと良いでしょう!