こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は昭和23年〜昭和33年に発行された五円硬貨の値段や価値について見ていきたいと思います。その他の昭和の古銭につきましては「昭和の古銭一覧」で記載しています。

昭和の国会議事堂5円硬貨の価値

五円硬貨

昭和に発行された穴ナシ5円黄銅貨です。表面には国会議事堂、裏面には鳩が描かれています。この五円硬貨については重量が4gのタイプ(Y#71)と重量が3.75gのタイプ(Y#72)の2種類が存在し、特年は昭和32年で希少性が高いです。

年号 発行枚数 極美品 完全未使用
昭和23年  約7400万枚 70円 1200円
昭和24年(4g) 約1億8000万枚 50円 800円
昭和24年(3.75g) 約1億1000万枚 50円 900円
昭和25年 約1億8000万枚 50円 600円
昭和26年 約2億枚 50円 600円
昭和27年 5500万枚 50円 1000円
昭和28年 4500万枚 50円 600円
昭和32年 1000万枚 800円 4000円
昭和33年 5000万枚 50円 300円

NGCやPCGSに鑑定された完全未使用品については市場にて5000円程度で取引されており、2000円〜3000円の買い取りになる可能性があります。しかし画像のような準未使用程度の状態だと特年以外は高くても100円〜200円程度の価値にしかなりません。

また、一般的な家庭で見つかる品は良くても極美品なので買取価格は額面の5円〜30円程度が相場だと思います。しかし、他の古銭や骨董品などと合わせれば、それなりの金額になりますので価値や値段が気になる場合、まずは買取専門店に査定してもらうと良いでしょう!