こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は昭和60年に発行された500円硬貨(筑波万博、内閣制度百年)の価値や業者による買取価格について書いていきたいと思います。

昭和60年 筑波万博 EXPO’85 500円硬貨の価値

昭和60年500円硬貨

昭和60年(1985年)のつくば万博を記念して発行された500円硬貨です。表面には富士と桜、裏面にはTSUKUBA EXPO’85と額面が描かれています。Y#88で重量は13g、直径30mm、素材は銅とニッケル(白銅)となっており、カタログ価格や発行枚数は下記の通りです。

年号 発行枚数 極美品 完全未使用
昭和60年 7000万枚 750円 1000円

実際に市場で取引される値段は下記の通りとなっており、発行枚数・現存数が多いためあまり価値は高くありません。

古銭詳細 市場価格 買取価格の概算
未使用 6枚セット 3800円 2000円前後
未使用 5枚セット 2500円 1500円前後

1枚当たりの市場での価値は未使用で500円〜800円、買い取り価格は300円〜500円程度だと思います。

昭和60年 内閣制度百年 記念500円硬貨の価値

昭和60年 内閣制度百年 記念500円硬貨
内閣制度100年を記念して発行された500円硬貨です。先のEXPOの五百円とサイズや重量は同一となっており、Y#89、重量13g、直径30mm、素材は銅とニッケル(白銅)、カタログ価格や発行枚数は下記の通りです。

年号 発行枚数 極美品 完全未使用
昭和60年 7000万枚 750円 1000円

カタログ価格についてもエクスポ500円硬貨と同一で市場での価値も未使用=500円〜800円程度となっています。一枚当たりのあ価値は低いですが他の古銭や骨董品などと合わせれば、それなりの金額になりますので価値や値段が気になる場合、まずは買取専門店に査定してもらうと良いでしょう!