こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は昭和4年(特年)の10銭白銅貨を中心に昭和期に発行された稀少な古銭について見て行きたいと思います。

特年!昭和4年の10銭白銅貨の価値と相場

白銅貨

昭和4年に発行された十銭白銅貨です。Y#49で重量は3.75g、素材は銅とニッケル(白銅)、表面には「十銭の額面」裏面には「大日本」「昭和四年」と書かれています。このタイプの貨幣は昭和2年から昭和7年まで発行され発行枚数、カタログ価格などは下記の通りです。

年号 発行枚数 未使用 完全未使用
昭和2年 約3600万枚 500円 1900円
昭和3年 約4140万枚 500円 1400円
昭和4年 約1000万枚 2500円 16500円
昭和6年 約185万枚 900円 3300円
昭和7年 役2315万枚 500円 1700円

昭和6年は昭和4年に比べると発行枚数が少ないのですが状態の良い物の現存数は昭和4年の方が少ないため希少価値が高くなっております。

一般的に自宅や蔵などで見つかるものは極美品〜準未使用程度の品となっておりカタログ価格はどれも150円〜250円程度(実勢価格も数百円)と安いケースがほとんどです。

10銭貨幣の実勢価格

実勢価格(市場で実際に取引される価格)についてはカタログ価格同様に状態が良いものは高額です。完全未使用と未使用の価格差は大きく状態の優劣によって数倍の価格差があります。

業者所在 古銭詳細 取引価格
東京都 昭和6年 完全未使用 6800円
京都府 昭和4年 PCGS MS66 完全未使用 15000円
大阪府 昭和4年 PCGS MS65 完全未使用 9000円
島根県 昭和4年 未使用− 1500円

古銭の買取査定まとめ

いかがだったでしょうか?昭和初期に発行された10銭貨は状態が良いものの場合、1万円近くでの高額買取も期待できます。また、状態が悪かったとしても数十枚、数百枚と枚数があれば高額での売却も期待できます。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。