こんにちは古銭の買取売却査定ナビです。今回は特年で価値がある昭和18年の菊10銭硬貨の価値や相場について記載して行きたいと思います。

昭和18年の菊10銭硬貨の価値と相場

十銭

昭和18年(1943年)に発行された十銭硬貨です。Y#61.2で重量は1.2g、素材はアルミニウム、直径22mmとなっております。この昭和18年の10銭硬貨は1.2gと1.0gのものが存在し、1.2gは価値が高いのですが1.0gは価値が低いです。

菊アルミ十銭の量目変更

菊アルミ十銭貨は戦争の長期化によるアルミ不足から2度にわたる量目変更により3種類の量目の異なるバージョンがあります。初めの発行は昭和15年と昭和16年で重量は1.5gでした(Y#61.1 重量1.5g 直径22mm)。

その後、昭和16年8月に量目が変更され1.2gとなり、1.2gのタイプは昭和16年、昭和17年、昭和18年に発行されました(Y#61.2 重量1.2g 直径22mm)。さらに、昭和18年2月に量目が変更となり最終的には重量1.0gとなりました(Y#61.3 重量1.0g 直径22mm)。

発行枚数とカタログ価格

それぞれの菊アルミ十銭の発行枚数やカタログ価格などの詳細は下記の通りです。

  • 1.5gの菊十銭貨:5億7560万枚
  • 1.2gの菊十銭貨:9億4490万枚
  • 1.0gの菊十銭貨:7億5600万枚
古銭詳細 極美品 未使用 完全未使用
昭和15年 1.5g 35円 150円 300円
昭和16年 1.5g 35円 150円 300円
昭和16年 1.2g 50円 200円 400円
昭和17年 1.2g 35円 150円 200円
昭和18年 1.2g 375円 3000円 6000円
昭和18年 1.0g 35円 125円 250円

実勢価格

価値の高い昭和18年10銭(1.2gタイプ)の実際に市場で取引される価格(実勢価格)については下記の通りです。

業者所在 古銭詳細 取引価格
東京都 昭和18年 1.2g 完全未使用 7000円
群馬県 昭和18年 1.2g 未使用 5000円
埼玉県 昭和18年 1.2g 未使用 4000円
大阪府 昭和18年 1.2g 未使用 3500円
福岡県 昭和18年 1.2g 準未使用 2000円

昭和18年(1.2g)以外の10銭については未使用でも100円程度の値段しか市場で付きませんので価値は乏しいですが、数百枚からの量があれば1万円を超える金額で買い取ってもらうことも可能です。

古銭の買取査定まとめ

いかがだったでしょうか?昭和期に発行された額面の小さい古銭は価値が乏しいことが殆どですが第二次世界大戦の終戦期(昭和18年〜昭和20年)に発行されたものは特年が存在し一部で価値が高いものがあります。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。